News ニュース

小林聡美が2人芝居「ペンションメッツァ」で主演。松本佳奈監督とタッグ2020/11/04

 小林聡美が、2021年1月15日にWOWOWプライムでスタートする、WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(金曜深夜0:00)に主演することが明らかになった。

 舞台は、⾧野の別荘地・カラマツ林に建つ1軒のペンション。小林はその女性主人を演じる。ペンションを訪れる古くからの友人や、思わぬ出会いを果たす人物まで、1話ごとに異なる個性的なゲストが登場し、小林と2人芝居を繰り広げる。

 小林は「世の中が不穏で大変な時期に、ドラマ制作に関われることのありがたさと同時に緊張感もありました。こんな時だからこそ、特別なドラマになるといいなとも」と期待を寄せる。また、「毎回ほぼ2人芝居で、初対面もあれば旧知の人もいるけれど、どのエピソードも書き手の個人的な思い入れのある物語に違いないと思うくらい、かなり深いことも語り合っていて。そんなふうに誰とも語り合える関係をすぐに築ける主人公って、どんな人? 一所にずっといて、外からの人との関わりの中から広がる世界に暮らすってどんな感じ?と想像を巡らせました」と脚本を読んでの感想を述べる。

 舞台である長野ロケについては「緑に囲まれたロケ地は本当に爽やかで、日中は暑くても朝晩は涼しい。撮影で心身が疲れた時も、外の空気を吸ったり自然の音を聞いたりして癒やされました。お弁当も毎回土地ならではのものが丁寧に詰められていておいしかった! 宿泊先からロケ地に向かう途中の山々や田んぼや畑も美しくて、毎日車窓から眺めるのが楽しみでした」とうれしそうに振り返り、撮影を満喫した様子。

 何度もタッグを組んでいる松本佳奈監督との撮影に関しては「野郎どもに囲まれた小柄な監督が、カット割りなど指示している姿はカッコよかったです。どのシーンも、テストなしのいきなり本番でしたが、そんな潔さも。いつも落ち着いているくせに、おかしいことが大好きな監督の作品は、観客としてもいつも楽しみです」と全幅の信頼を寄せ、そんな松本監督は「小林さんはこちらの想像を清々しく裏切ってくれる方です。それは昔から変わらず、その度に面白いなー、かなわないなーと思っています。今回は基本的に2人芝居だったのですが、お客さんが変わるごとに違った印象を与えてくれ、主人公を多面的で魅力的な人にしてくれました。食事のシーンが多かったのですが、なんとも豪快な食べっぷりも素晴らしかったです」と語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.