News ニュース

向井理と藤ヶ谷太輔、中井貴一主演「華麗なる一族」で兄弟役!2020/10/28

 向井理と藤ヶ谷太輔が、WOWOWプライムで2021年春に放送される中井貴一主演の「連続ドラマW 華麗なる一族」(放送日未定)に出演する。

 同作は、これまで幾度となく映像化されてきた山崎豊子氏による同名小説をWOWOW開局30周年記念として連ドラ化したもの。高度経済成長期の日本を舞台に、阪神銀行頭取・万俵大介(中井)とその一族の繁栄、崩壊を描く。向井は大介の長男であり、万俵コンツェルンの一翼を担う阪神特殊製鋼で高炉建設に尽力する専務・万俵鉄平役を務め、藤ヶ谷は、大介の次男でいずれは頭取の座を継ぐ阪神銀行貸付課長・万俵銀平を演じる。

 夢を実現するために情熱を燃やす鉄鋼マン・鉄平と、相反する冷めた表情のエリート銀行員・銀平。阪神銀行を守るため、さらなる発展を遂げるために大介が企てた大胆な計画により、2人は大きく運命を狂わせていく。向井はオファーに「あまりにも有名な原作ですし、過去に何度も映像化されている作品なので、身が引き締まる思いでした」と緊張の面持ち。藤ヶ谷も「出演が決まりとても驚いたと同時に、とにかくうれしかったです。経験豊富な皆様とお芝居できる環境に、すでに高揚しております」と撮影が待ちきれないよう。

 また向井は「万俵鉄平という役はすさまじい運命を背負った人物。万俵鉄平をどう演じるかというより、どう生きるかということを強く意識して臨もうと思っています」と意気込み、「『華麗なる一族』という怪物に立ち向かうには、今までの俳優人生のすべてを賭して挑まなければなりません。食うか食われるか分かりませんが、見応えのある作品になるよう一所懸命努めてまいります」とやる気をみなぎらせている。

 そして藤ヶ谷は「血のつながりとはなんだろうか、家族とは、親族とは…。そして誰をどこまで信じるのか。夢のために欲のために濁りに濁った重厚な人間ドラマ。1960年代の日本の高度経済成長の時代を描いた名作だなとあらためて思いました」と脚本の印象を話し、来年の放送に向けて「ドロドロとした愛と憎しみに満ちた、汗と脂の結晶のような重厚な人間ドラマ。それぞれにある秘密や過去にも注目し、新たな『華麗なる一族』をお楽しみください。常に銀平の味方でいられるよう、しっかりと集中して演じて楽しみたいと思います」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.