News ニュース

「姉ちゃんの恋人」有村架純のおすすめは主人公の魅力が凝縮された“あの”シーン!2020/10/27

 フジテレビ系では10月27日に、有村架純が主演する連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)がスタート。初回放送を目前に控え、有村が初回の見どころなどを語った。

 本作は、有村が主演を務めた連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)の脚本を担当し、2019年には紫綬褒章を受章した岡田惠和氏が手掛けるオリジナルドラマ。ハロウィーンからクリスマスにかけて、女手一つで弟3人を養う主人公・安達桃子と個性豊かな登場人物たちが繰り広げる、恋と家族愛の物語を描いたラブ&ホームコメディーとなっている。

 第1話を一足先に鑑賞したという有村は「ドラマの後半、サッカーの試合からの一連のシーンが私は好きです。弟を応援して、(林遣都演じる吉岡)真人さんと初めて2人きりで話をして、最後はまた家族で締めくくる…。主題歌も相まって、これから“どんなことが待ってるんだろう”って気持ちを盛り上げてくれますし、桃子のいろんな魅力が凝縮されたシーンになっています」とおすすめのシーンについてコメント。

 すでに予告映像でも流れている、レッドカードを突き付けられる桃子や、真人への告白とも取れる発言をする桃子など、明るくて優しい“肝っ玉姉ちゃん”を象徴するシーンは必見。また、このシーンでは先日解禁され大きな話題を呼んだ、Mr.Childrenによる主題歌「Brand new planet」のフルバージョンが初めて流れるとのことで、ドラマを彩る主題歌にも注目だ。

 また、思わず笑みがこぼれたシーンとして「姉目線もありますけど、安達家みんながニコニコしているシーンは“かわいいな”“楽しく笑っていてよかった”と思いながら見ていました。こういう家族の形が見えるシーンはすごくほほ笑ましく思いますね」と話し、和輝(髙橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の“イケかわ”3兄弟を愛してやまない桃子同様、“姉”としての感想を明かした。

 桃子と真人のぎこちない恋模様を軸に、それぞれの家族のほっこりする優しい(や、桃子と真人以外の人々にも舞い降りる“同時多発ラブ”が魅力のドラマ「姉ちゃんの恋人」は、初回15分拡大版で今夜いよいよスタートする。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.