News ニュース

濱田岳、「世にも奇妙な物語」で欲にまみれる! 鈴木祐斗の「ロッカールーム」がドラマ化2020/10/24

 濱田岳が、11月14日にフジテレビ系「土曜プレミアム」枠(土曜午後9:00)で放送のオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 ’20秋の特別編」の一編「コインランドリー」に主演する。

 1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送を続けるスタイルで、これまで各時代を代表するような作家や脚本家と豪華俳優のタッグで、奇妙な物語の世界観を作り出してきた本シリーズ。おなじみのストーリーテラー・タモリと、豪華キャストが視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズの最新版は、今年30周年という大きな節目を迎え、キャストやストーリーにもより一層力が入っている。

 「コインランドリー」は、鈴木祐斗氏の漫画「ロッカールーム」が原作。濱田が演じるのは、派遣切りに遭い、仕方なくフリーターをしているうだつの上がらない男・橋本学。コインランドリーで作業着を洗い終わり、乾燥機にかけようとするが、壊れているのか起動しない。仕方がないので隣の乾燥機を使って待っている間、ふと「ビール飲みてぇ」とつぶやくと、なんと壊れていると思っていた乾燥機の中にビールが入っている。不思議に思っていると、怪しげな清掃員から「この乾燥機はお願いをすると、欲しいものが何でも手に入るのだ」と告げられる。これで欲しいものは何でも手に入ることが分かった橋本だが、果たして彼を待ち受ける運命とは? 欲しいものが何でも手に入って浮かれる橋本を奇妙な闇に落としていくキーパーソンとなる清掃員役を、ものまねタレントのコロッケが怪演。闇にはまっていく橋本を陰ながらけなげに思い続ける女性・近藤亜美を岡崎紗絵が演じる。

 濱田は「コインランドリーという、利用したことがなくとも、誰もが一度は目にしたことのある、日常を舞台にした、人間の業をテーマにした作品にとてもひかれました。ただただ、日常をこなしていた男が欲にまみれていく、ドキュメンタリーのようになればと、乾燥機と対峙(たいじ)していたと思います」と撮影を振り返る。

 そして、「歴史の長いこの番組に、また呼んでいただけたことを本当にうれしく思っています。『世にも奇妙な物語』らしい1本となっております。楽しんで見ていただけたら幸いです」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.