News ニュース

かまいたち・山内が新居のローン返済のため冠特番「かまいたちの知らんけど」レギュラー化を切望2020/10/21

 お笑いコンビ・かまいたち(山内健司、濱家隆一)がMCを務める、MBSで10月28日放送のバラエティー特番「かまいたちの知らんけど」(午後11:56=関西ローカル)の会見が番組収録後に行われ、金額は秘密ながら「頭金なし、78歳までのローン」で新居を購入したという山内は「この番組がレギュラーになって、78歳付近まで続いてもらわないと飛びます」とレギュラー化を希望し、濱家に「それは『知らんけど』じゃないな」とツッコまれていた。

 同番組は、今年2月に第1弾が放送され、好評を博したことから今回、第2弾の放送が決定。おしゃべりが大好きな関西人にとって、その内容すべての責任を回避できる魔法の言葉「知らんけど」を合言葉に、かまいたちの2人が日頃思う「〇〇したら面白い、知らんけど」ということを実践・検証するバラエティー番組だ。

 今回は、2人きりの「淡路島ドライブ旅」の展開を、Twitterのアンケート機能を使って決定する「かまいたちの2人旅。フォロワーが展開を決めた方がええVTRになる! 知らんけど」、丸山桂里奈&なかやまきんに君がバーベキューロケを行う「山内がキャスティングしたら、どんなロケでもオモロくなる! 知らんけど」、2人が一般人のプロフィールやスペックを予想する「知らんけどさん いらっしゃい!」の企画をおくる。

 番組のよさについて、濱家が「『知らんけど』という枠組みにしたことで、何でもできる。スタッフの方も昔から知っている方ばかりで、チャレンジ的な企画も多いので、ほかでは見られない僕らが見られると思う」と語ると、山内も「ほかの番組では、自分たちの意思ばかりではできないので…」と続き、2人のやりたいことが詰まった番組であることをアピールする。

 そして、レギュラー化の手応えを感じているという山内は「プロデューサーの所作で分かります。あいさつの感じで。レギュラー化される番組は、収録後に目を見ながらある程度の時間話してくれる。すぐに終わりそうな場合は、プロデューサーも申し訳なさそうにしているので」と明かし、濱家も「(収録後に)あいさつに来てくれる人が多かったし、プロデューサーが楽屋にいる時間も多かったので、あるのかなと思います」と自信を見せた。

 また、第3弾が実現した際には「アンミカさん、長州(力)さん、山内の3人のロケを見てみたい。スタジオで(丸山&なかやまのロケを見て)『もうちょっとこうせな』とか言っていたので、山内がやるとどうなるか見てみたい」と、濱家が山内にムチャぶりすると、山内は「絶対いやや」とすぐさま拒否していた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.