News ニュース

TV Bros.がおくる年に一度のコミック大特集「輝け!ブロスコミックアワード2020」開催2020/10/21

 「TV Bros. 2020年12月号 コミックアワード特集号」が、10月23日に発売決定。今回で13回目を迎える年に一度の恒例企画「ブロスコミックアワード」の大賞作品の発表や、関係者のオススメ作品紹介、コミック関連特集など、コミック尽くしの1号となっている。

 「ブロスコミックアワード2020大賞」に輝いたのは、「マイ・ブロークン・マリコ」。 作者・平庫ワカ氏による、表紙2種(通常版・Amazon限定表紙版)の描き下ろしとロングインタビューで、作品の魅力や作者の漫画観に迫る。

 また、コミック特集前半のカラーページでは、「あの子は漫画を読まない。」(BS日テレ)に出演する岩井勇気(ハライチ)と宇垣美里の漫画対談に、花江夏樹のコミックトーク、さらに「あの子は漫画ばかり読んでいる。」と題して、芸能界きっての漫画通・中川翔子と劇画狼氏の漫画対談で、濃厚な漫画トークを掲載。ほか、「TV Bros. note版」で絶賛連載中のTV Bros.連載陣や著名人のオススメコミック評や、コミックアワード第1回大賞作「少女ファイト」作者・日本橋ヨヲコ氏と、同作の熱烈なファンでlyrical schoolプロデューサー・キムヤスヒロ氏の対談、注目作「少年イン・ザ・フッド」の作者・SITE氏(Ghetto Hollywood)インタビュー、コナリミサト氏の描き下ろし漫画など、注目企画がめじろ押しだ。

 後半では、好評放送中のアニメ「呪術廻戦」(TBSほか)、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(テレビ東京系)を紹介。「呪術廻戦」では、原作漫画の大ファンというかまいたち・山内健司が猛烈な愛を、「ダイの大冒険」では原作・三条陸氏がロングインタビューに登場する。

 そのほか、テレビ、音楽、映画、ラジオ、コミック、舞台、書籍などのカルチャーを紹介する「CULTURE Bros.」には、コミックにちなんだ特集&コラムがずらり。「ウィキ直し!」、ピピピクラブ、ありえ~る・ろどんの占い「星に聞いてくれ!」といった恒例企画も満載だ。

 連載コーナーでは、細野晴臣&星野源「地平線の相談」、岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」、片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」を掲載する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.