News ニュース

あいみょん作詞・作曲、DISH//の楽曲「猫」がドラマ化2020/10/20

 テレビ東京ほか11月13日から、あいみょんが作詞・作曲を務め、DISH//が歌う楽曲「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」を原案とする、ドラマ25「猫」(金曜深夜0:52)がスタートすることが分かった。小西桜子と前田旺志郎がダブル主演を務める。

 本作は、脳に腫瘍があり医師から余命宣告を受け自らの死と向き合う女性・金子みねこ(小西)と、やりたいことや夢もなくその日暮らしの生活を送るフリーター・天音光司(前田)の2人が、1匹の猫をきっかけに出会いカップルとなり、「いつもと同じ帰り道」を通して男女それぞれの視点で描いていくラブストーリー。

 原案となった楽曲についての印象を聞かれると、小西は「この曲を初めて聴いた時に、浮かび上がってくる物語や情景に心が動かされた感覚を忘れられません」とコメント。前田は「僕自身『猫』という曲がすごく好きでドラマ化するというだけでもうれしいのに、まさか自分が作品に関われるなんて…!! こんな幸せなことはありません」と主演の喜びを語った。

 また、ドラマ化にあたっては「みねこと光司の、2人のありふれた日常的なやりとりの中に、その一瞬一瞬の尊さをしっかりと感じながら、一つ一つを大切に、私らしいみねこを生き抜きたいと思います」と小西。前田も「何げないシーンから物語にとってキーとなるシーンまで、すべてをみねこと大切に積み上げ、見てくださる皆さんの心にその一つ一つをどれだけ刻んでいけるかが、物語の最後に皆さんが感じることの大きさに比例すると思います。毎シーン毎シーン緊張感を持ちながら大切に撮影に臨みたいです」と意気込む。

 一方、自身の楽曲がドラマ化となったDISH//の北村匠海は「『猫』がドラマ化されるという話を聞いた時にはとても驚きました。まさか自分たちの楽曲が物語となって届けられる日が来るとは。僕らも台本を読ませていただきました。はかなくて切なくて愛しい物語です。ドラマとともに『猫』という楽曲をさらに愛していただけたらうれしいです。僕も楽しみ」と期待を寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.