News ニュース

祭nine.が“150点”の筋肉美を猛烈アピール!?「外見だけではなく中身も成長した」デビュー2年目、次なる目標へ2019/08/19

「祭男子2」イベント

 東海エリアを中心に活躍する7人組エンターテインメント集団・祭nine.が、2ndフォトブック「祭男子2」(東京ニュース通信社刊)を発売。これを記念したイベントが8月18日に都内書店で開催された。

 今作は京都を舞台に撮影を敢行。和装で町を散策し、おなじみの観光名所や“映えスポット”を巡る様子も。さらに、第1弾で大好評だったセクシーショットにも再び挑戦。また、東京・日本武道館でのライブ開催を目標に掲げてからステージに立つまでの祭nine.に完全密着。 2018年12月から19年5月まで毎月行ったインタビュー、リハーサルで見せた真剣な表情や、ステージできらきら輝く姿まで、彼らの全てを大公開。ほか、メンバーの最新プロフィールや2年目のMVPを決める座談会など、祭nine.の魅力がぎゅっとつまった1冊になっている。

「祭男子2」イベント

 イベントの前に行われた会見には、フォトブックの発売に喜びを隠しきれない様子のメンバー7人がそろって登場。リーダーの寺坂頼我は、「1stフォトブックが好評だったからこそ、2ndフォトブックにつながったと思っています。皆さんからいただく愛にとても感謝していますし、これからは僕らが返していかなければいけないなと思っています。改めてありがとうございます」と感謝のメッセージを。さらに清水天規が、「去年に比べたら大人っぽくなったと自分たちで思うところもありますし、外見だけではなく中身も少し成長できたのかな。そういうところを皆さんにも見てほしいなと思います」とアピールした。

 撮影については、「祭nine.で泊りのロケに行くことがなかなかないので、めちゃくちゃ楽しかったです! イベントでも京都には数回しか行ってないので、メンバーに京都の良さをもっと知ってもらえたかなと思います」と、京都出身の浦上拓也が声を弾ませ感想を。さらに、「ファンの方々にも、僕たちの笑顔や元気な様子が収められているこのフォトブックで地元をアピールできたらうれしいです」と力を込めた。

「祭男子2」イベント

 それぞれお気に入りのページがあるようで、横山統威は「車折神社の僕の名前が書いてあるお札の前で撮ったメーキングのカットです。どこにあるか分からなくて、捜すのに20分くらいかかりました(笑)。すごく裏の方にあったので、有名になってもっと前面に出してもらえるように頑張ります! みんなにも見つけてほしいです」とコメント。

「祭男子2」イベント

 浦上は「一番後ろのページの『祭nine.関係図』をチェックしてほしい」そうで、「前作よりも文字数が増えています。みんなの関係性も1年で変わりましたし、関係図というより相手へのメッセージみたいな感じになっています(笑)」と紹介。

「祭男子2」イベント

 さらに清水は「僕が一番好きなのは浴衣のページで、なかなか学ラン以外の服を着る機会があまりないので、こういう一面も見てほしいです」と述べ、「僕のお母さんが着物の先生なので、僕は世界一浴衣が似合うと思っています!」と堂々宣言しながらも、「でもみんなもすごくかっこいいです! ぜひ注目してください」とはにかんだ。

「祭男子2」イベント

 続いては、突如勢いよくトレードマークの学ランを脱ぎ、筋肉美をアピールし、その場を沸かせた寺坂。「僕がお気に入りのページは祭nine.がワンちゃんのコスプレをしているのと、裸でトマトをかじっている『最大級のギャップで読者を虜にせよ!』というページです。これで分かったと思います、祭nine.は脱ぎたがりなんだと(笑)」とハイテンションに笑いを誘い、「かわいらしさとかっこよさの両方をぜひ見ていただきたいです」と自信を見せた。

「祭男子2」イベント

 野々田奏のお気に入りは、「いつもは伝えられないようなありがとうの気持ちをそれぞれがメンバー一人一人に語っている『親愛なるメンバーへ…2年目もありがとう』というページ」だそうで、「僕も実際にもらって見た時に、冗談抜きで涙がちょちょぎれるぐらい感動して…」と理由を述べると、「『ぐらい』ってことはそうでもない?」とメンバーから総ツッコミが。「僕なかなか泣かないんですよ! でも泣きそうになるくらい感動しました!(笑)」と弁解しつつ、「僕らと一緒に歩んできてくれたファンの方々にとっても、『メンバー同士がこう思っているんだな』というのを知ることができるページになっているので、ぜひ見ていただきたいです」と力説した。

「祭男子2」イベント

 神田陸人は「全員が青のコーディネートをしている『あおぞら祭男子』」をおすすめ。「爽やかなのも珍しいですし、渡月橋など京都の観光名所をまわって、僕らも本当の修学旅行生のような気分で楽しんできたので、その姿を楽しんでいただけると思います」と理由を明かした。

「祭男子2」イベント

 そして、髙崎寿希也は京都の“映えスポット”を巡った「イマドキ祭男子」をピックアップ。「裏表紙に書いてある『京都で大はしゃぎ!仲良しすぎる祭nine.の“素”を激撮!!』という言葉通り、僕らの素がすごく出ていると感じます。今までとは違ったラフな格好が見どころです」と笑顔を見せた。

ページ: 1 2

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.