News ニュース

「極主夫道」人気子役・白鳥玉季が玉木宏の娘に。家族写真が初公開2020/09/16

 日本テレビ系で10月11日にスタートする、玉木宏主演の連続ドラマ「極主夫道」(日曜午後10:30=読売テレビ制作)の家族写真が公開され、ドラマオリジナルキャラクターとなる、黒田龍(玉木)の娘・向日葵を白鳥玉季が演じることが分かった。

 ドラマは、おおのこうすけ氏による話題のコミックを映像化。社会に数々の伝説を残した最凶の極道、“不死身の龍”(玉木)が極道から足を洗い、選んだ道はなんと専業主夫。主夫力が高すぎる龍が、世の中と仁義を斬りまくる任侠ヒューマンコメディーだ。龍の妻でキャリアウーマンの美久を川口春奈、龍の弟分・雅を志尊淳が演じる。

 家族3人が集まる撮影初日。キャリアウーマンの美久役の川口は、秋らしい色合いのジャケットにパンツ姿でスタジオ入り。撮影するのは、龍がキッチンに駆け込んできた美久に驚き、龍の叫び声に美久が驚くというシーン。従って「あー!」「おー!」と叫び合うのが、夫婦最初の掛け合い。カメラ位置を変えながら何度も撮影するうち、徐々に息が合ってくる玉木と川口。龍と美久の関係性を象徴するようなシーンとなった。

 美久が嵐のようにバタバタと去ると、今度は龍と向日葵のシーン。子役にして、多くの作品に出演歴を持つ白鳥。監督の指示にハキハキと応え、カットを積み重ねていく。撮影の合間には主演の玉木と雑談する様子は、まるで本当の親子のよう。元極道の龍とアニメが大好きな美久、大人びた向日葵の3人のやりとりには、クスッとなること間違いなし。さらには、そこに雅も加わり、ドラマでしか見られない世界が展開される。

 中山喬詞プロデューサーは「今回、『極主夫道』をドラマ化させていただくにあたり、一つ大きな挑戦をさせていただきました。原作サイドともご相談させていただき、ドラマでは龍と美久に子どもがいるストーリーを作らせていただくことにしました。原作の醍醐味(だいごみ)の一つである夫婦のコミカルなやりとりはもちろん生かしつつ、娘の向日葵を含めた3人による一層パワーアップした家族のやりとりを楽しんでいただければと思います。龍が娘に向けるまなざしや言動は優しさであふれているので、龍のすてきな魅力をより深く感じ取ってもらえるはずです」と新たな設定を加えた経緯を説明。

 そして「向日葵は年の割には大人びた子どもで、母親の美久と立場が逆転しているのでは…と思うこともしばしば。それを玉季ちゃんが非常にナチュラルに演じてくれているので、その愛くるしさにみんなほっこりし、現場もいつも温かな笑いに包まれています」とその存在が癒やしとなっていることを伝える。

 さらに「今このような時代になり、家族という単位で一緒にいる時間が多い中、このドラマを、『ウチの家族は…』と家族みんなでツッコミながら全力で楽しんでいただきたいです。たわいもないことでけんかしたり、しょうもないことで笑いあったり…とごくごく普通の家族でありながら、ちょっぴりいびつな龍たち家族を見ていただき、1人でも多くの方々に“こんな家族っていいな”と感じていだけるようなドラマにしたいと思っています。連続ドラマだからこそ描ける龍一家という仁義あふれる“組”の成長を、皆さんも一緒に見届けていただけると幸いです!」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.