News ニュース

テーマは「共演NG」! 秋元康×大根仁の大人のラブコメで中井貴一&鈴木京香の最強タッグ実現2020/09/01

 もしも、弱小テレビ局の社運を懸けた大型連続ドラマで、25年前に破局した“共演NG”の大物俳優2人が共演することになったら? 今秋テレビ東京系では、そんな業界のタブーに切り込み、ドラマ制作の舞台裏を描く連続ドラマ「共演NG」(月曜午後10:00、開始日未定)がスタートする。

 ドラマの企画・原作を手掛けるのは秋元康。主演は民放連ドラ出演が6年ぶりとなる中井貴一、ヒロインを鈴木京香が務める。また、脚本・監督は同局でも数々の話題作を生んできた大根仁氏が担当する。

 実力派大物俳優・遠山英二(中井)と人気女優・大園瞳(鈴木)の“共演NG”は、業界では公然の秘密。かつて2人は付き合っていたが、25年前の恋愛トラブルで破局して以来共演をしていない。ところがそんな2人が、「テレビ東洋」の社運を懸けた大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」の主演として共演することになってしまう。しかも、ほかの出演者たちも共演NGばかり! 癖のあるキャストとスタッフたちの間で、さまざまな思惑が交錯する中、2人は長年の恨みを越えて息の合った演技ができるのか? そして25年の時を経て2人が出した答えとは?

 秋元は「テレビや映画のキャスティングをしていると、スタッフから『○○さんと△△さんは共演NGなんで…』と言われることがよくあります。明確な理由を説明されることもありますが、たいていは芸能プロダクションのマネジャーから、『いろいろありまして…』と言葉を濁されます。共演NGの2人は過去に何があったのでしょうか? そんな興味から、今回のドラマを企画しました」と企画意図を語る。

 さらに「皆さんの想像以上に“共演NG”は多いのです。それは芸能界に限ったことではなくて、スポーツ界も政界も経済界も、いや、普通の会社だって学校だって『あいつとは反りが合わない』『あいつだけは許せない』『あいつとは同じ空気を吸いたくない』とかありますよね? 大変なのは、そんな共演NGの2人に、腫れ物に触るかのように接しなければいけない周りの人間なんです。それは、まさに喜劇です」と語っている。

 主演の中井は「面白いところに目を付けたなと思いました。“共演NG”とは、同じ商売をしながらも実際にはあまり感じたことはなかったのですが、このドラマをやりながら“共演NG”の実態を肌身で感じていきたいと思います(笑)」と本作への第一印象を語った。

 また、「役者が役者を演じることほど難しいことはないと思っています。遠山英二の気持ちが分かるだけに、自分と近くなりすぎないよう距離をおいて、役を作り演じていきたいと思っています。作り手の環境も大幅に変化しましたが、見ていただく皆さまの環境も変化していると思います。でもどこか普遍性のある男と女のラブコメディー。困難な時を一瞬でも忘れていただけるよう、楽しい作品にしてまいりたいと思います。どうぞお楽しみに!」と視聴者にアピール。

 一方、鈴木は「現代のテレビ業界の内幕を面白く切り取り描かれていますが、男女、先輩・後輩といった人間同士の関わり方が、回を増すごとに変化して、それがとても温かい関係へと昇華していきます。これは心温まるすてきな人間ドラマになると直感しました」と、刺激的なキーワードだけではない優しさを感じたという。

 そして「初めは、大尊敬する中井貴一さんをこんなに罵倒する役なんて!!と、尻込みしそうになりましたが、(大園は)内面は優しい魅力的な女性です。千載一遇の役ですので、大胆に思い切り演じています。最高の大人のコメディーにするべく、スタッフ、キャストが一丸となり励んでいます。ぜひ楽しみにしていてください」と強い意欲をにじませている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.