News ニュース

高橋克典&戸次重幸のバディが巨悪を追う「越境捜査」2020/04/14

 テレビ東京系では、4月20日に「月曜プレミア8」枠第1弾となるドラマ「越境捜査」(午後8:00)を放送する。

 同作は、「駐在刑事」シリーズでも知られる小説家・笹本稜平氏原作の警察ミステリー。警視庁特捜係・鷺沼友哉(高橋克典)と、神奈川県警山手北署の不良刑事・宮野裕之(戸次重幸)がバディを組み巨悪に挑んでいく。

 14年前に12億円をだまし取った男が大金とともに失踪し、数日後に遺体となって発見された未解決事件を追う鷺沼は、ある日、埠頭で誰かに襲われてしまう。宮野は県警で「再捜査する鷺沼に焼きを入れる」という立ち話を耳にし、現場に駆けつける。実は、宮野の目的は消えた12億円を横領すること。

 それぞれの目的は違うものの、事件を解決するという利害が一致した鷺沼と宮野は2人でバディを組み事件解決に挑んでいく。組織や管轄、派閥といったあらゆる“境を越えて”捜査を続けていく2人は想像を絶する巨大な組織の実像にたどり着くこととなる。

 「月曜プレミア8」枠は、テレビ東京が約3年ぶりに復活させた2時間単発ドラマ枠。今後のラインアップとして、中村梅雀主演「今野敏サスペンス 機捜235」の放送も予定されている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.