Feature 特集

「麒麟がくる」織田信秀役・高橋克典が最期のシーンにまつわるエピソードを告白!2020/04/05

 4月5日放送(第12回)の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)で、ついに織田信長(染谷将太)の父・織田信秀(高橋克典)が亡くなってしまいました。息子・信長への思いを帰蝶(川口春奈)に語り、望月東庵(堺正章)との双六を楽しみにしながら最期を迎えた信秀は、どんな心情だったのでしょうか。意外にも大河ドラマ初出演という高橋さんからコメントが到着しました!

── 大河ドラマ初出演ということでしたが、あらためて撮影のご感想を教えてください。

「撮影はとても楽しかったです。今回は4Kでの撮影もありますし、自分の年齢もあり、ポジションがそれまでと違ってきていますので、どんなお芝居が合うのか、模索しながら演じました。大河ドラマはすごくスケール感が大きく、どこに行っても大がかりなセットが組んであるので、毎回驚きました。大勢の出演者やスタッフがいますし、撮影がどんどん進んでいくという、僕にとってはなかなかない現場でしたので、非常に刺激的でした。“大河”という名のごとく大きな河の流れの中に、撮影自体もあるような気がしました」

── 信秀という役柄をどのように演じていましたか?

「番組プロデューサーより今まで言われていた信長のイメージを信秀が請け負ってほしいと言われました。その割には、戦に出て行っては負け、気持ち切り替えて勢いよく出て行くけど、また負けるという(笑)。…信秀は疲れきっていて、もう運もなく、体には毒も回ってきている。それを自分でも見切っているんですよね。それでも力を振り絞って元気には見せていますが、内側はどんどん痩せていきます。ですから、あまり剛毅なところが見せられなかったので、少し残念でした。もうちょっと暴れたかったですね。自分は元気だと見せながらも、内側はどんどん弱っていき、さらに息子たちを見るとふがいなくて『ああ、この運も俺限りかな』と思ってる信秀を、自分なりには精いっぱい演じましたので、その感じが伝わればいいなと思います。信長にとっての信秀は、もしかしたら越えられない山なのかもしれません。尾張は、いくつもの国に囲まれていて大変だったと思います。それでも金を使うなど、いろんな手だてを使って自分の国を守る。信長から見たら信秀が憧れであり、反面教師でもあったと思いますが、どういう形であれ父が息子に与えた影響は絶大だったはずです。僕は愛情を持って信長のことを見ていましたが、息子に対してもっとドライで、グサッと精神的に突き放した冷たさがあってもよかったかなと思っています。ふがいないという思いで、信長を諦めていてもよかったかなと」

── もし、高橋さんが、15・16歳の信長に対して声をかけるとしたらどのような言葉をかけますか?

「もっと熟慮しろと。熟慮して力を使うべきところに力を使えと。ただ力が強いだけじゃなくてそういう頭の良さを持ちなさい、と言いたいです。『こいつは思慮が浅いな』と。例えば、第9回(3月15日放送)で松平広忠の首を持ってきたときも『今これやっちゃうと余計大変なんだよ』と。婚儀で手を結んでいる美濃も、やっかい事に巻き込むことになるので、信秀は落胆するんです。ただ力が強いだけではなく、策も使わないと先に進めない、ということを伝えたいですね」

── 川口春奈さんが演じている帰蝶の印象を教えてください。

「かわいくて、でも真っすぐで心(しん)の強さがありました。本当のじゃじゃ馬のような感じではなく、純粋さを感じました」

── また、共演はされていませんが、光秀役の長谷川博己さんの印象はいかがでしょうか?

「非常に爽やかで、滑舌がよくて歯切れよくセリフが入ってくる俳優さんですね。今はまだ若く爽やかですが、周りで起きたいろんなことが、彼の中で沈殿していって(光秀の)最期があるんだと思います。今はいろんな人に出会っていて、経験と出来事がその人を作っていくので、そこの無垢さをよく演じられているなと思っています。光秀のこれからの成長がとても楽しみです。信秀としてもうちょっと出演して、いろんな方とお芝居をしたかったです」

── 最後に、信秀の最期が描かれた第12回(4月5日放送)をご覧になった視聴者の方へメッセージをお願いします。

「今回は信秀の最期が描かれました。信秀から信長へと時代が変わっていくところですが、ここからが新しい時代の幕開けです。撮影初日に撮ったシーンでしたが、なかなかいい死に方をさせていただきましたし、そんな信秀の最期を演じることができて、寂しいながらもとてもうれしく光栄に思っております」

 まさか、信秀の最期のシーンが撮影初日に撮られていたとは…! あらためて高橋さんをはじめとする俳優陣のすごさを感じました。さて、信秀が世を去り、勢力図が大きく変化したこの時代。今後信長はどのようにして台頭してくるのでしょうか。また、斎藤道三(本木雅弘)が土岐頼芸(尾美としのり)に暗殺されかけたことも、気になるところです。

【番組情報】 

大河ドラマ「麒麟がくる」 
NHK総合 日曜 午後8:00~8:45ほか
NHK BS4K 日曜 午前9:00~9:45ほか
NHK BSプレミアム 日曜 午後6:00~6:45

NHK担当 K・H

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.