News ニュース

いよいよ開幕! 女子プロゴルフの登竜門「ステップ・アップ・ツアー」第1戦を福岡から2020/08/18

 RKB毎日放送は、8月19日に特別番組「rashink×RE SYU RYU/RKBレディース~福岡で開幕戦!女子プロゴルフのニューヒロイン誕生!~」(午後8:00)を放送。8月18・19日の2日間、福岡市の福岡カンツリー倶楽部和白コースで開催される女子プロゴルフ大会の模様を中心におくる。

 「RKBレディース」とは、2000年からJLPGA(日本女子プロゴルフ協会)公認の女子プロトーナメントを主催してきたRKBが、日本の女子プロゴルフ界の底辺拡大と一層の盛り上げを目的に、13年から開催している「ステップ・アップ・ツアー」の中の1戦。「ステップ~」は、JLPGAツアーへの出場資格を持たない選手と新人選手を対象に、育成とレベルアップを目的として91年から始まったツアーだ。その賞金ランキング1、2位の選手には、次年度のJLPGAツアー前半へ出場できる資格が付与される。

 20年度は当初、18試合が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大などの影響から、現在の開催数は10試合の予定となっているほか、年度を区切る期間も検討されている。そんなあわただしい女子プロゴルフ界の中、開催される「RKBレディース」は、「ステップ~」今年度の開幕戦。例年108人の出場枠を特別に120人へ増やし、より多くの選手に挑戦するチャンスを拡大した。

 昨年度のJLPGA賞金女王・鈴木愛選手もこの大会優勝をステップに成長した1人だけに、次代を担うニューヒロインの誕生が期待される。注目選手も多数出場予定だ。

 昨年優勝の吉川桃選手(写真)は98~99年生まれの選手を指す“黄金世代”の1人。安定したショットが魅力で、100人以上が参加した8月のチャリティーマッチでも優勝している。

 後藤未有選手は地元福岡の沖学園高校出身。ミレニアム世代で安田佑香選手や古江彩佳選手とナショナルチームで同期。昨年の日本女子アマ大会で2位タイなどアマチュア大会で実績を残している。

 澁澤莉絵留選手も沖学園高校出身。 新1万円札の顔になる渋沢栄一の血縁者として話題に。ミレニアム世代と共に昨年のプロテストに一発合格した。石川怜奈選手は岡山県の作陽高校出身で、渋野日向子選手の1学年後輩。体重は100kgと公表している。

 番組では、大会最終日19日の優勝争いの模様を軸に、18日のハイライト、注目選手紹介、大会の感染対策、今年の女子ゴルフを取り巻く環境、「ステップ~」の意義、歴代優勝者の紹介などをスタジオで生展開する。大会の解説は小田美岐選手、実況は三好ジェームスアナウンサーが務める。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.