News ニュース

「アンメット」原作漫画家・大槻閑人が語るドラマへの思い。「杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、毎回目が離せない」2024/05/11

「アンメット」原作漫画家・大槻閑人が語るドラマへの思い。「杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、毎回目が離せない」

 フジテレビ系連続ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(月曜午後10:00=関西テレビ制作)。その原作を、元脳外科医の子鹿ゆずる氏と共に、生み出した漫画家・大槻閑人氏が取材に応じた。

 杉咲花が主演を務める「アンメット ある脳外科医の日記」は、原作・子鹿氏&漫画・大槻氏による「アンメット-ある脳外科医の日記-」(講談社「モーニング」連載)を実写化。1年半前に不慮の事故で脳を損傷し、重い後遺症を抱える脳外科医の川内ミヤビ(杉咲)が再生していく姿を描く医療ヒューマンドラマだ。

 過去2年間の記憶がなく、さらに今日のことも明日にはすべて忘れてしまうミヤビは、寝て翌朝起きたらすべてがリセットされてしまう。そんな中、医療行為が一切できず、医師であることを諦めかけたミヤビの前に、変わり者の脳外科医・三瓶友治(若葉竜也)が現れる。空気を読まず、強引でマイペースな彼の言動によって、ミヤビはもう一度、脳外科医としての道を歩むことに。そして、そんなミヤビを、主治医である大迫紘一(井浦新)も応援。周囲の心配や反対を受けながらも、ミヤビは脳外科医として、新たな一歩を踏み出していく。

 ドラマを見て「すごく上質なドラマ」だと感じているという大槻氏。「昨今の日本のドラマは、もっと分かりやすくライトなものが受け入れられやすいのかなと思っていましたが、SNSに寄せられたコメントを読むと、後遺症の恐さや登場人物たちの複雑な心情など、原作で大切にしてきたことは視聴者の方たちにきちんと伝わっていて、『アンメット』の世界が受け入れられたことがとてもうれしかったです。そこには、医療のリアリティーを追求する制作スタッフの本気とキャストの皆さんの素晴らしいお芝居があり、中でも、杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、僕も毎回目が離せないです」と、率直な感想を述べる。

 第1話は、出版社の担当者数人と一緒に見たそうで、「屋上でミヤビが『今日が明日につながらない』と三瓶に苦しい胸の内を吐露する場面では、作者として2人の過去を知っているからこそ、そこに言葉以上のものを感じて、人目もはばからずボロボロ泣いてしまいました。そのあと、残されたミヤビが1人で泣くシーンも、医者でいたいけれどいられないミヤビの気持ちがひしひしと伝わってきて、杉咲さんが神々しく見えるほど素晴らしいシーンでした」と感激を伝える。

 さらに、「正直に言うと、ドラマ化のお話をいただいた当初は、実写化することで原作をもっと多くの人に知ってもらえたら…。というくらいの気持ちでした。僕としては、ドラマと漫画は完全に別もので、スタッフの方たちが真摯(しんし)に向き合ってドラマを作った結果、それが世間からの評価を得られなくても、僕が心血注いで描いた漫画が傷つくわけではないと思っているんです。それでもやはり、自分が描いた漫画をこれだけ上質なドラマにしてもらえたことは素直にうれしいですし、反響も大きくて驚いています」と喜びを表する。

「アンメット」原作漫画家・大槻閑人が語るドラマへの思い。「杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、毎回目が離せない」

 大槻氏は撮影現場を見学した際、若葉の姿が印象に残っていたようで「偶然にも、僕がここ1~2年の間に見た映画は若葉さんが出演されている作品が多かったので、現場ではドキドキしながら若葉さんに声を掛けました。クールな方だと思っていたのですが、とてもフランクに話してくださり、そのギャップにやられてすっかりファンになってしまいました(笑)」と振り返った。続けて「若葉さんは、原作の三瓶の表情をとても熱心に研究してくださっているようでした。たとえば、患者さんにとってすごくつらい宣告をしなければならない時、三瓶は冷たい顔をするのですが、それはあえて、きつい時ほど機械的に、ロボットのように振る舞うという感覚で描いているのですが、若葉さんはそういった細かい描写にも理解が及んでいるようで、『たまに三瓶がすごく恐い顔をするんですが、あれはどういう気持ちなんですかね』と質問してくれました。とっさのことで、どの場面のことを指しているのか聞き返す余裕がなく、すごくあいまいな返事をしてしまったことが心残りなのですが、その質問を聞いて、一見表情が乏しいようで、実は多彩な表情を持つ三瓶をすごく研究されているんだなと感じました」と、現場でのエピソードを明かした。

 連載開始当初、それぞれのキャラクターの容姿をどのように決めたのかに関しては、「原作の主人公である三瓶は、いくつもの案を出しました。まず内面を決めようということになり、ワーカホリックでコミュニケーション能力が低め…。じゃあ、髪形はあまり気にしないだろうということでボサボサ頭になって、仕事以外のことでは楽でいたいんじゃないかと、ズボンの裾を少しまくってサンダルに。仕事ざんまいなので目元は疲れた感じで猫背…。そういった理屈的なところから固めていきました。対する星前宏太は、髪をしっかりセットして、エリート意識を持っている男。言ってみれば、2人を雑草とエリートのような対比にしました」と詳細に説明。

 そして「連載開始当初、僕は原作の子鹿先生の思いや描きたいものが、そこまで明確に理解できていなかったんです。それが、作品が進むにつれて、僕自身も患者さんに感情移入するようになって、表情や心の痛みの解像度が徐々に高まってきたなと感じています。とにかくリアリティーを大事に、漫画なので何でもできてしまうのですが、決してリアリティーラインを壊さないように、『これじゃ漫画だよ』と言われないようにしようと思って描いています」と、製作時に意識していることを告白した。

 最後に、視聴者へ向けて、「今まで、あまり原作ファンの方の声を聞く機会がなかったのですが、ドラマの放送後、『ドラマも面白いけど、漫画も面白いよ』とSNSに投稿してくださっている読者が想像以上にたくさんいて驚きました。そういった生の声を聞いたのが初めてだったので、こんなにたくさんの人たちが原作を読んで支持してくれていたんだと、感動で胸が震えました。僕は長いこと『コウノドリ』の鈴ノ木ユウ先生のアシスタントをしていて、その時に、自分には医療ものは描けない、プレッシャーが恐くて無理だと思っていたんです。それが、縁あって医療もののお話をいただき、僕には無理だなと思っていたら『原作者は元脳外科医の先生ですよ』と言われて、『それならできるかも!』と。以来、子鹿先生に甘えっぱなしで描いています。担当編集者さんと狭い部屋でタバコを吸いながら、『いつかドラマになるといいね』なんて夢を語ったこともありますし、それが今現実になって、本当に幸せです。ドラマを100%楽しんだ後、気が向いたら原作の漫画もぜひ読んでみてください(笑)」とメッセージを寄せた。

 5月13日放送・第5話。寺の住職・成海(三宅弘城)が、読経中に意識を失い運び込まれてくる。検査の結果“もやもや病”が見つかり、治療後も脳梗塞や脳出血を引き起こす可能性をはらんでいることから、主治医のミヤビは、今後、お勤めは一切やめるよう宣告。それは事実上の引退勧告で、成海はその言葉を静かに受け止めるが、弟子の碧聴(大友律)は不安を隠せない。早速、成海の手術が行われることになり、三瓶はミヤビを術者に指名する。

 しかし、もやもや病の血管は細く、手術の難易度も高いため、今の自分にはまだ無理だと反論するミヤビ。「川内先生ならできます」――三瓶のその口ぶりは、まるで手術の成功を確信したかのようだったが、ミヤビは、西島麻衣(生田絵梨花)から「三瓶先生のことは、あんまり信用しない方がいい」と言われたことが胸の奥に引っ掛かっていた。

「アンメット」原作漫画家・大槻閑人が語るドラマへの思い。「杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、毎回目が離せない」

 一方、全科で専門医レベルを目指す星前(千葉雄大)は、自分にも脳外科の手術をさせてほしいと三瓶に頼むが、あっさり断られる。星前は、自分の専門以外の知識がない医者を「専門バカ」と呼び、それによって困る患者を1人でも減らしたいと思っていたが、三瓶はその考えを真っ向から否定。すると星前は珍しく声を荒げ、相いれない2人の間には嫌な空気が漂う。しかし、実は、星前の高い志の裏にはある理由が隠されていた。

「アンメット」原作漫画家・大槻閑人が語るドラマへの思い。「杉咲花さんと若葉竜也さんのお芝居からは、毎回目が離せない」

 


この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

【2024年冬】TVドラマガイド

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

吉高由里子×柄本佑でおくるNHK大河ドラマ「光る君へ」、山下智久×福原遥「正直不動産2」、櫻井翔主演「新空港占拠」、渡辺翔太主演「先生さようなら」、道枝駿佑主演「マルス-ゼロの革命-」、阿部サダヲ主演「不適切にもほどがある!」、永野芽郁×山田裕貴「君が心をくれたから」など、2024年の冬に放送がスタートする連続ドラマを大特集! あらすじ、出演者や記者会見リポートなどを随時更新します☆

Copyright © TV Guide. All rights reserved.