News ニュース

若手注目株・井上祐貴、石川瑠華が桜庭ななみ主演のサスペンス「13」で好演中2020/08/08

 フジテレビ系で放送中の連続ドラマ「13(サーティーン)」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)。13歳で誘拐された相川百合亜(桜庭ななみ)が、13年後に突如家族のもとに戻ってきたところから始まるクライムサスペンスで、苦悩する百合亜が救いを求める失踪前のボーイフレンド・日置渉を、昨年「ウルトラマンタイガ」(テレビ東京系)の主演で注目され、今後の活躍が期待される井上祐貴が好演している。

 人気海外ドラマを日本版リメークした同作。井上は「台本を読む前にBBC制作の原作も見たのですが、次が気になると思うような作品で、今回の日本リメーク版では脚本家の浅野妙子さんの物語の展開や表現、ニュアンスのちょっとした違いが面白かったです」と作品の印象を語る。

 また、役柄については「渉には、松岡ミサ(高月沙良)という婚約者もいて、すでに百合亜に好意はないと自覚しているものの、昔好意を寄せていて悩んでも頼る人のいない百合亜に手を差し伸べてしまいます。その中で『自分の優しさは正解なのか?』と疑問を抱く場面もあり…。百合亜に気持ちが戻っていると勘違いされるような言動をとってしまうところも、渉らしさだと思いました」と分析。

 桜庭との初共演には「クランクイン最初のシーンが百合亜との2人のシーンで、いい緊張感で撮影に挑めました。桜庭さんと初めてお会いした時には、すでに百合亜の雰囲気を醸し出していて、最初のシーンを経て僕も『渉として百合亜に精いっぱい向き合っていく』とあらためて決心しました」と刺激を受けている様子。

 そして、「ウルトラマンタイガ」主演の影響から「アクションもできる刑事がやりたい!とずっと思っています。昨年の『ウルトラマンタイガ』のアクションシーンで演技の見せ方などを教えていただくうちに興味を持ち、アクションスクールに通い始めました」と明かし、「これからいろいろな役と出会う中で、その人がどんな人なのかしっかり向き合い、たくさん吸収して、幅広い役を演じられる役者になりたいです」と目標を掲げている。

 一方、百合亜の妹・相川千帆を演じるのは、映画「イソップの思うツボ」に主演し、今年も公開映画が多数控えている、注目の若手・石川瑠華。

 石川は「思ったよりも刺激的な役で、最初は千帆のセリフに対して『こんな言い方をしなくてもいいのに…』と思うこともありました」と初めの印象を口にするも、「千帆は百合亜のいない13年もの間、うそばかりの家族で笑顔もなく、不安な気持ちに耐えられなくて自分が傷つくことも言ってしまう子になってしまっていて、お母さん(相川麻美/板谷由夏)には『なんでお姉ちゃんばかり気にするの?』、お父さん(相川宗一/神保悟志)には『なんでニコニコしてここにいるの? この裏切り者!』と、いろいろな感情が渦巻いて葛藤しているんです。とても難しいですが、やりがいのある役だと思いました」と、複雑な環境で育ったキャラクターを繊細に演じている。

 俳優になったのは「大学が合わないと感じていて、演劇のワークショップに通い始めたのがきっかけ」と明かし、「環境を変えたい気持ちや承認欲求もあったと思います。その中で演技というものが自分の想像と違うものだと気付かされてとても面白いと感じて、映画やドラマもどんどん見るようになりました」と語り、今後は「作品を受け取った人の人生の一部になるような映像に出演したいです。もっといろいろな役に臆せず挑戦したい。そういう意味では今回の千帆も、台本を読みながらとても興味深く、挑戦の役だと思いました」と意欲的に取り組んでいる。

 8月8日放送・第2話では、百合亜の住む隣町で8歳の少女が誘拐され、犯人らしき男が映った防犯カメラ映像に百合亜は反応し、「カズキ」という名前を告げる。13年前の経緯を洗い直すうちに、刑事の永井敏彦(青柳翔)と田辺佐緒里(遊井亮子)は、百合亜の中学校の用務員だった黒川一樹(藤森慎吾)の存在にたどり着く。そんななか、相川家では、麻美が百合亜のためにと手を尽くすが、百合亜は家族にも心を開かない。そして、渉が訪ねて来る――。物語の展開とともに、成長著しいフレッシュな2人の演技にも注目だ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.