News ニュース

山田杏奈&玉城ティナのW主演で「荒ぶる季節の乙女どもよ。」連ドラ化2020/07/30

 山田杏奈と玉城ティナのダブル主演で、岡田麿里氏・原作、絵本奈央氏・漫画による大ヒットコミック「荒ぶる季節の乙女どもよ。」が実写ドラマ化されることが決定。MBS、TBSほかで9月8日から放送がスタートする(MBS=火曜深夜0:59、TBS=火曜深夜1:28)。

 同作は、文芸部に所属する女子高校生5人の物語。変わり者の多い文芸部はほかの生徒からは「掃きだめ」とやゆされ、部員はみんな色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、部員の1人が投じた「セックスです」という発言。その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く“性”に向き合い、“性”に振り回される日々が始まる。

 山田が演じる小野寺和紗は、いわゆる“ザ・普通の妄想女子”で、幼なじみの典元泉とのある事件をきっかけに、ますます性に思い悩み始める文芸部の高校1年生。そして、玉城演じる菅原新菜は、和紗と同級生ながらも大人びており、ミステリアスな雰囲気。文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、「セックスです」という一言を投じた張本人で、学内でうわさの美少女という役柄だ。

 山田は「和紗は、戸惑いながらも真っすぐ進んでいくさまが、とても魅力的な子だと思いました。10代の一瞬のゆらぎを、勢いを大切に、かつ柔軟に表現していきたいです」と意気込みを語り、「今までにないようなドラマになるのではないかと思います。個性豊かで愛らしい文芸部員たちの“荒ぶる”さまをぜひ楽しみにしていてください!」とメッセージを寄せる。

 また「脚本を読んだ時に一番新菜に共感しました」と話す玉城は、「彼女の突拍子のなさ、かわいらしさ、冷静さ、奥底に抱える矛盾を、一つ一つ取り出していきながら、しかし異質な存在ではなくあくまでも一女子高生として描ければと思っています。文芸部、私も学生だったら入りたかったな」と役作りについて語り、学生時代に思いをはせる。

 さらに、この2人が所属する文芸部の部長・曾根崎香に横田真悠、和紗の大親友の文芸部員・須藤百々子に畑芽育、そして、自身で小説も執筆しており謎の作家オーラを醸し出す文芸部2年・本郷ひと葉に田中珠里が扮(ふん)する。新進気鋭の注目女優5人がつくり出す“荒ぶる”女子高生の世界に期待が高まる。

 横田は「オーディションに受かったと報告を受けた時は、とてもうれしく、ワクワクしたことを覚えています。原作の漫画やアニメを見て、曾根崎はいろんな面を持っている女の子だと感じました。一瞬で何十個もの言葉やフレーズが頭の中で動いているような、強がりで、正義感や真面目さも持ちつつ、高校生ならではの新鮮な姿を大切に演じたいと思っています。荒ぶる私たちの純粋な気持ちを、青春を、一緒に感じていただけたらうれしいです」と作品への思いをアピールし、畑は「いとおしいこの文芸部の一員として、今回実写ドラマに出演させていただけること、とてもうれしく光栄に思います。思春期ならではのもどかしくて甘酸っぱい大切な瞬間を、もーちん(百々子)の切ないながらも美しい感情を全力で表現していきます。9月の放送を楽しみに待っていてください」と呼びかける。

 そして、田中は「出会いや言葉で少しずつ少女から大人へと変わっていく姿や、それぞれの個性の豊かさに、きっと登場人物の中の誰かに共感して応援したくなるような作品です。この作品に対するスタッフさんの計り知れない思いを感じています。その思いに応えられるよう、まだまだ未熟な自分に対する悔しさと弱さを乗り越えて、本郷ひと葉を全身全霊で演じます。たくさんぶつかって忘れられない存在になるように荒ぶっていきたいと思います」と気合を入れている。

 また、きゃりーぱみゅぱみゅやジェニーハイなど、アーティストのミュージックビデオも数多く手掛け、“映像作家100人 2020”にも選ばれた若手映画監督・酒井麻衣氏がメガホンを取り、セカンド監督を、学生時代に制作した「溶ける」が第70回カンヌ国際映画祭に日本史上最年少で正式出品を果たした井樫彩氏が担当。若き女性監督2人が“ばかげていて、滑稽で、いとおしい”少女たちの繊細な性の世界を、赤裸々に描き出す。

 脚本は本作の原作者でもある岡田氏が執筆。自身の原作の漫画作品を、昨年放送されたアニメの脚本に加え、実写ドラマの脚本も手掛けるのは岡田自身も初の試み。原作・アニメとは異なった、実写ドラマにマッチした作品の世界を再構成する。岡田は「キャストの皆さんが役柄にぴったりすぎて…思わず変な声が出てしまいました! 皆さまにもぜひ、テレビの前で変な声を出していただきたいです」とコメントし、期待を寄せている。

 そして、原作ファンの著名人から、ドラマ化にあたりお祝いコメントが到着した。

 漫画家・押見修造氏は「漫画版を読んでいました。性と自意識の衝突というテーマを、僕はいつも男の子の側から描きますが、岡田さん&絵本さんが女の子の側から描くとなるほどこうなるのか!と思いました。セックスや性欲や愛、といった言葉に収まりきらない、名前をつけたくないようなむき出しの情動を、物語の中で再現し肯定する試みのように感じました。それを生身の役者さん達が演じる時、よりムズムズとゾクゾクと、そしてキラキラと伝わってくるものがある予感がします」と語る。

 アニメ版のファンだというハライチ・岩井勇気は「原作者である岡田麿里さんは物語への感情の乗っけ方が抜群で、10代の女の子とはこんな行動原理で動いてるんだと、30代の男はキュンとしました。奇麗なセリフも多いので、実写版がどう表現されるのか楽しみにしています」と期待を寄せる。

 アニメから作品を知ったというはじめしゃちょーは「学生時代のヲタク寄り(?)の女子生徒の濃い会話がブッ飛んでいて、同じような思想を持つ身として、かなり爆笑させていただきました。ハードな内容が多いながらも、青春チックで心がアツくなるような回もあるので、ドラマ化された『荒ぶる季節の乙女どもよ。』でどのように表現されるのか、とても楽しみにしています!」と放送を心待ちにしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.