News ニュース

水川あさみ、池田エライザ、尾野真千子、三浦春馬がアジア3都市&3局横断ドラマに出演2018/08/02

 今秋、水川あさみ、池田エライザ、尾野真千子、三浦春馬出演のドラマ「tourist ツーリスト」が放送、配信されることが分かった。同ドラマは、悩みを抱えた3人の女性が、バンコク、台北、ホーチミンの各旅先で、旅を続けているミステリアスな男性・天久真(三浦)に出会い、本当の自分を見つけ出すヒューマンストーリー。動画配信サービス・Paravi(パラビ)が初めてオリジナルで制作。第1話はTBS、第2話はテレビ東京、第3話はWOWOWと、史上初の3局をまたいで放送され、Paraviでは各話放送後に未公開シーンを含むオリジナル版を独占配信する。

 第1話は人生に満たされない自分に行き詰まりを感じ、バンコクを訪れたテレビ局のドラマプロデューサー・野上さつき役を水川が、第2話は独身最後の思い出旅行に女友達と台北を訪れた津ノ森ホノカ役を池田が、第3話は離婚調停中の夫との思い出の場所であるホーチミンを訪れて人生を模索していく立花カオル役を尾野が務める。三浦が演じ、全話に登場する天久は、本ドラマの鍵となる人物。かわいらしい笑顔とクールな表情の二面性で、女性を魅了する。撮影は、物語の舞台となる3都市でオールロケが行われ、各地の観光名所や名物グルメも数々登場するなど、リアリティーあふれるシーンも見どころの一つとなっている。

 バンコク編に出演する水川は「タイの熱ーい空気の中、こういった新しいドラマの形態の撮影ができて、とても面白い経験でした。タイの名物である水かけ祭りに参加したシーンを撮ったり、トゥクトゥクにも乗って夜の撮影をしたりと、タイの文化に触れながら…というか、ほぼ観光しながら撮影といった感じで、とてもぜいたくでした。日本を離れ、違う国に行ったことで、開放的に伸び伸びと演じられたことが何より素晴らしい出来事でした」と振り返っている。

 台北編の池田は「街を2人で疾走し続ける中、過ぎ去っていくネオンがとても美しかった。台湾で出会う人々や、習わしに触れ、自問自答を繰り返すさまを、ぜひ自分と重ね合わせながら見てください。時に滑稽に、時に愉快に、そして温かく、見てくださっている皆さまを見つめ返す、そんな作品になりました」と述べ、ホーチミン編の尾野は「久しぶりに海外での撮影で、しかもホーチミン。土地の匂いや空気、いろんなものを感じながらの撮影が自分にとって、役にとってすてきなものになった気がします」と語っている。

 全編登場の三浦は「各セクションのスタッフたちが、現地のスタッフと一緒に作業をしていたので、通訳を要することがほとんどでした。そのため通常の2倍、時間はかかるのですが、そんなやりとりを熱心に続ける現場はとても新鮮でした。また、本作品はヒロインたちの前向きな決断や行動を一緒に旅しながら、はたまた現地に住んでいる人の目線で楽しめる作りになっているのじゃないかと思います。臨場感ある映像を楽しんでいただければ、とてもうれしいです」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.