News ニュース

松本潤&大倉忠義、ジャニーズ・ライブ演出の裏側トークを満喫!2020/07/29

 テレビ朝日系では、7月29日に「関ジャム 完全燃SHOW」ゴールデン2時間スペシャル(午後8:00。レギュラー放送は、日曜午後11:00。一部地域を除く)を放送。音楽プロデューサー・ジャニー喜多川さんのすごさやジャニーイズムの真髄に迫るべく、番組初登場となる嵐・松本潤を迎えて、大企画「嵐・松本潤を通して見るジャニーズのライブ演出」をおくる。

 同番組は、表舞台に立つアーティストから、音楽プロデューサーなどの裏方の人間まで、日本の音楽業界をけん引する錚々(そうそう)たるゲストが毎週登場し、今さら人には聞けないような音楽の基本から、制作の裏側や専門テクニックなどマニアックな知識までを掘り下げている。

 今回、松本のロングインタビューと併せ、スタジオでは自らライブ演出を手掛ける松本、DREAMS COME TRUE・中村正人、関ジャニ∞・大倉忠義の3人が熱く語り合い、“ジャニーズのライブ演出の裏側”を大解剖していく。

 収録では、ジャニーズのライブを見たことがない人にも分かる丁寧な解説とともに、“テレビ初披露の裏話”も多数飛び出し、まさに「関ジャム」ならではのマニアックで濃厚な内容となったライブ演出特集だ。もちろん、松本、大倉も大満喫したようで、収録後には大倉が「潤くんはこの間の関ジャニ∞のライブも見てくれて、『グッときたよ』というメッセージをくださって…。僕もすごくうれしかったんです。そんな中、今回は潤くんが本当に細かい部分まで僕の演出を見てくれていたと知って、恥ずかしいです(笑)。潤くんと一緒にいると、見抜かれている感覚があるんですよね!」と、松本が番組内で繰り広げた“的確な関ジャニ∞のライブ演出分析”に感動。

 一方、松本も「普段はお互いにライブを見た感想を言い合ったり、情報交換をしたりはするけど、『そもそも、こうだよね!』という話はしないんですよ。今回は僕の話を、しかもゴールデンタイムの関ジャニ∞の番組で、扱わなくていいよ…と申し訳ない気持ちもあったんですけど(笑)、僕や嵐のやり方を伝えることで、ジャニーズ・エンタメの仕組みの“裏の一面”を感じていただけたらいいなぁ、と。視聴者の皆さんにもぜひ楽しんでいただきたいです」と、手応えに満ちたメッセージを寄せている。

 さらに、東山紀之、KinKi Kids、椎名林檎、スガ シカオ、いきものがかり・水野良樹、秦基博などが選んだ「歴代ジャニーズNo.1ソング」も発表。スタジオゲストのヒャダインは、ちまたで話題となっているジャニーズ特有の“トンチキ・ソング”も選出する。

 また、「歴代ジャニーズNo.1ソング」から厳選したKinKi Kidsの「ジェットコースター・ロマンス」と近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」、そして少年隊の「STRIPE BLUE」を関ジャニ∞が「一夜限りのスペシャルメドレー」として、豪華バンドとの特別セッションを披露する。

 この盛りだくさんの内容に、大倉も「見どころたっぷりだと思います。もっとジャニーズのエンタメを深く掘り下げたくなりました!」と大興奮。そんな大倉の言葉を受け、松本は「いやいや、もう十分でしょ! あれ以上は重すぎる(笑)。『関ジャム』はいつも見ていたけど、実際に出演したら、ヘビーでしたね(笑)」と濃密な収録を笑顔で振り返り、「ジャニーズのトンチキ曲は、ずっと見ていたかった!」と明かすなど、心から堪能した様子を見せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.