News ニュース

三浦春馬が童貞!? 前代未聞!! 際どいワードもたくさん飛び出す、不器用なオトナの学園ドラマ「オトナ高校」がスタート!2017/09/05

 テレビ朝日系では、10月から土曜午後11時枠に新しいドラマ枠「土曜ナイトドラマ」(土曜午後11:05)を誕生させる。同枠では、斬新な企画で若いデジタル世代に幅広く楽しんでもらう連続ドラマを放送。その記念すべき第1弾作品が、三浦春馬主演の「オトナ高校」に決定した(開始日未定)。脚本は「ウォーターボーイズ」シリーズや「映画 ビリギャル」など、数々のヒット作を生み出した脚本家・橋本裕志氏が務める。

 物語の舞台となるのは、深刻な少子化問題に歯止めをかけるため、政府が打ち立てた「第2義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」。そこは、異性との性体験のない30歳以上の男女「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちが、有無をいわせず入学させられる学校だった。

 設定から察する通り、主演の三浦は30歳の童貞・荒川英人役を演じる。英人は東大卒のトップバンク行員というエリートでありながら、実は童貞の“チェリート”。猛烈な恋愛&性体験願望とは裏腹に、高スペックのプライドが災いし、上から目線で人を分析したり、デートでもドヤ顔でひたすら退屈なうんちくを語ってしまたりと、恋愛に関しては全くのダメ人間だ。リアルな人間関係において、あまりにも“頭でっかちのお子ちゃま”故に、念願の童貞卒業にたどり着けない“残念な男”を、三浦が愛嬌(あいきょう)たっぷりに熱演する。

 三浦は「この作品は際どいワードもたくさん飛び出すチャレンジングな作品ですが、恋愛に不器用なオトナたちが悩みながらもいろんなことを学んで、本当の意味でのオトナへと成長していく、そんな作品になると確信しています。スタッフ、共演者の皆さまと一緒に大切なメッセージと元気を、毎週お届けできればと思っています」と力強いコメントを寄せた。

 一方、番組を制作する貴島彩理プロデューサーは、「誰しもが持つ“破れない殻”を“童貞”と象徴して、人間ドラマのプロフェッショナル・橋本裕志先生が、オリジナルで“オトナの群像コメディー”を描きます。真っすぐで熱い、三浦春馬さんという俳優だからこそ演じられる、カッコ悪くもカッコいい英人を、応援していただけたらと思います」と作品をアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.