News ニュース

菊池風磨主演「ウソ婚」に、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾が出演2023/06/14

菊池風磨主演「ウソ婚」に、トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾が出演

 トリンドル玲奈、黒羽麻璃央、織田梨沙、鶴見辰吾が、菊池風磨主演で7月11日からスタートするフジテレビ系連続ドラマ「ウソ婚」(火曜午後11:00=関西テレビ制作)に出演する。

 Sexy Zone・菊池風磨が主演を務め、長濱ねるが共演する「ウソ婚」の原作は、時名きうい氏の同名漫画。電子雑誌「姉フレンド」での連載開始後すぐに人気を博し、現在12巻まで発売されている単行本は、電子版と紙版を合わせて、累計450万部を突破している。女性にモテまくるドSの設計事務所社長・夏目匠(菊池)と、お人よしがゆえに家と職を同時に失った派遣社員・千堂八重(長濱)。幼なじみの2人が大人になって再会し、ひょんなことから互いの利害が一致し、うその結婚生活がスタートするラブコメディーだ。

 一級建築士・匠のクライアントである二木谷ホールディングスの社長令嬢・二木谷レミを演じるのは、トリンドル玲奈。父親である二木谷晧司が経営する会社で専務を務め、容姿端麗のレミは、時に社長である晧司に対しても意見して周囲をハラハラさせる。匠や進藤将暉(渡辺翔太)とともに朝まで飲み明かすほど仲が良かったが、異端な八重が匠と結婚したことを知り、八重に対して敵意をむき出しにしてライバル意識を燃やす。

 匠と八重の幼なじみ・吉田健斗を演じるのは、黒羽麻璃央。小学生の頃、将来お姫さまになりたいと話す八重に、健斗が「お姫さまにしてあげる。俺とたっくんで」と約束するほど仲が良かった、匠、八重、健斗の3人。ついつい意地悪なことを言ってしまう匠とは反対に、どんな時も八重のことを優しく見守る健斗だったが、高校生の時に親の仕事の都合で、突然シンガポールに引っ越してしまう。

 八重の友人・小峰はるかを演じるのは、織田梨沙。派遣仲間だった八重にルームシェアを持ちかけ、一緒に暮らしていたが、自身の結婚が決まり心苦しくもルームシェアを解消する話を持ち掛ける。八重とは正反対な明るくさっぱりとした性格だが、2人は馬が合い心を許せる存在となり、八重にとってもよき相談相手でもある。

 二木谷ホールディングスの社長・二木谷皓司を演じるのは、鶴見辰吾。一代で大企業を築いた敏腕経営者。匠のことを優秀な仕事相手として認めているが、「男は所帯を持って一人前」という古い考えで“結婚”をビジネスの条件の一つと考えており、匠がウソ婚をするきっかけとなった人物でもある。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.