News ニュース

Snow Man・渡辺翔太が「ウソ婚」で菊池風磨の“唯一無二の相棒”に!2023/06/07

ウソ婚/渡辺翔太

 Snow Man・渡辺翔太が、フジテレビ系で7月にスタートする火ドラ★イレブン「ウソ婚」(火曜午後11:00=関西テレビ制作、開始日未定)に出演することが分かった。

 Sexy Zone・菊池風磨が主演を務め、長濱ねるが共演する「ウソ婚」の原作は、時名きうい氏の同名漫画。電子雑誌「姉フレンド」での連載開始後すぐに人気を博し、現在12巻まで発売されている単行本は、電子版と紙版を合わせて、累計450万部を突破している。女性にモテまくるドSの設計事務所社長・夏目匠(菊池)と、お人よしがゆえに家と職を同時に失った派遣社員・千堂八重(長濱)。幼なじみの2人が大人になって再会し、ひょんなことから互いの利害が一致し、うその結婚生活がスタートするラブコメディーだ。

 渡辺が演じるのは、フリーのガーデンデザイナー・進藤将暉。花や樹木を用いて、個人の庭や公園をデザイン・設計するだけでなく、匠が設計した建物の内装を担っている。「デザイナーとして天才」と匠が一目置く存在であり、センスも腕も確か。人懐っこい性格から人脈も広く、夏目設計事務所の主要取引先である「二木谷ホールディングス」の社長をつないだのも進藤だ。匠のよき理解者で、仕事だけでなくプライベートでも遊ぶ仲であり “唯一無二の相棒”。“ウソ婚”をした匠から、妻として八重を紹介されるも、いち早く怪しいと疑う。

 「簡単なお仕事です。に応募してみた」(日本テレビほか)でSnow Manのメンバーと共に主演して以来、4年ぶりの地上波連続ドラマへのレギュラー出演となる渡辺は、「とてもうれしく思います! 久しぶりのレギュラー出演でのドラマなので、少し緊張感もありますが楽しく臨めたらと思います!!」とやる気十分。

 原作や台本を読んでみての感想は、「面白かったです! 同時に、仕事で既婚者のふりをしなければならないという理由もありますが、うその妻をつくるくらい主人公がモテるなんて、そんな人生が現実であるのかなとか、男としてはうらやましいなとか、これはこれで大変なのか?と、いろいろ想像してしまいました」と語り、自身の役柄には「進藤は見た目や雰囲気やしゃべり方などはとても軽い感じですが、それはみんなの前でつくっている性格なのか? そういうことをする人こそ、実は真面目で誠実だったりすると思うので、内面の部分でのギャップなどをうまく表現できたらと思います!!」とイメージを膨らませている。

 普段プライベートでも交流があるという菊池との共演に関して、「とても心強いです。風磨は(事務所に入ってからの)歴では後輩で、デビューは先輩というところで、上下関係なくフラットな仲間です!!」と明かし、続けて「自分の役が視聴者の方にハマってるなと思っていただけるように、いろんなスタッフの方にたくさん意見をもらいながら臨みたいと思いますし、『ウソ婚』面白いって単純に思ってもらえるように頑張りたいです! 皆さんの毎週の楽しみになる作品になりますように頑張りますので、ぜひリアルタイムでご覧ください!!」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.