News ニュース

吉谷彩子が語る、吉川晃司&志尊淳共演「探偵・由利麟太郎」クライマックスの見どころ2020/07/14

 吉川晃司主演のフジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)が、7月14日・第5話で最終回を迎える。放送を目前に控え、主人公・由利麟太郎(吉川)と共に事件を推理するなど、物語を動かす役割を担う吉谷彩子が、作品の見どころを語った。

 第4・5話の2週にわたって描かれる最終章「マーダー・バタフライ」は、横溝正史の「由利麟太郎シリーズ」の中で最も有名でファンも多い「蝶々殺人事件」が原作。前編である第4話では、オペラ界のスター女優・原さくら(高岡早紀)が何者かに殺害され、謎の怪事件が幕を開けた。

 前編である第4話では、さくらの夫・原聡一郎(大鶴義丹)、さくらのマネジャー・土屋恭蔵(鈴木一真)、土屋の助手・雨宮順平(水沢林太郎)、若手女優・相良千恵子(吉谷)、テノール歌手・小野竜彦(佐野岳)ら関係者が一堂に会したオペラ会場で、コントラバスケースの中からバラに覆われたさくらの遺体が発見される。由利と、由利の助手も務める作家志望の青年・三津木俊助(志尊淳)はさくらの死を確認するが、その後、死んだはずのさくらの亡霊を見たと、聡一郎や楽団員たちが奇妙なことを言いだす。そんななか、今度は、宿泊先のホテルで、雨宮が転落死する事件が起きた。

 すべての楽団関係者が、さくらにほれ込んでいるという共通点があり、愛憎渦巻く複雑な人間関係が事件の鍵となる物語で、さくらを「先生」と慕い、さくらが死してもなお敬愛し続ける千恵子を演じる吉谷は、脚本を読んだ時の印象を「こういう現代劇だけどちょっと時代物っぽい雰囲気の推理作品の役は、今まで演じたことがなかったので、しかも、物語を動かす立場なので、そこに対しての難しさが最初にきました」と語り、「謎のど真ん中にいる役でもあるので、強い印象を残せるように、目力の強さはもちろん、言葉運びなども意識して演じました。言葉もそうですけど、長いセリフを淡々と力強くしゃべる役は、今まで経験したことがなかったので…。今回、自分のセリフはかなり読み込みました。“女優役”をするのも、初めてでした。推理していく役も初めてです」と新たなチャレンジだった様子。

 さらに、吉川と共演してみて「イメージではもちろん偉大な方というのがありました。一番びっくりしたのは、本当にお優しい方でした。“あの吉川晃司”が、こんなに優しいんだ!って。私がちょっと『すみません。失礼しました。セリフ間違えました…』という場面があって、その時吉川さんが『僕が動けてなかったから。すみません。僕でーす』って、かばってくださったり。現場の役者さんやスタッフさんに愛される人だなあという印象はありますね」と人柄の素晴らしさに触れたエピソードを明かす。

 また、志尊淳は「今回初めて共演させていただいたんですけど、とっても話しやすかったです。私もあまり人見知りしないんですけど、彼もあまり人見知りはしない方みたいでありがたかったですね。話す内容としては、この現場を、今の動きをどうしていったらいいんだろうという話をたくさんしました。すごくお芝居に熱心な方だなという印象があります」と振り返った。

 そして最後に「見どころは…次々に人がいなくなっていくところですかね(笑)。私自身も、台本を読み終わるまで本当に犯人が分からなかったので、視聴者の方も、きっと最後まで犯人が誰か分からないと思います。一緒に推理していくような感覚で見ていただけると、より楽しんでもらえるんじゃないかなと。あとは、私が演じる千恵子がどんどん、“探偵気質”になっていきます。頑張ったので、ぜひ見ていただければと思います」とメッセージを寄せた。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.