News ニュース

新垣結衣が「フェンス」で野木亜紀子作品に5度目の出演。沖縄の精神科医役2023/01/25

 新垣結衣が、WOWOWで3月19日に放送・配信がスタートする「連続ドラマW フェンス」(日曜午後10:00)に出演することが分かった。

 松岡茉優と宮本エリアナがダブル主演を務める「フェンス」は、「アンナチュラル」「MIU404」(ともにTBS系)や「フェイクニュース」(NHK)などの話題作を放ち続ける脚本家・野木亜紀子氏によるオリジナルのクライムサスペンス。世界最大規模の米軍基地を抱える現在の沖縄を舞台に、東京から来た雑誌ライター・キーこと小松綺絵(松岡)と、沖縄で生まれ育ったブラックミックスの大嶺桜(宮本)が、ある性的暴行事件の真相を追う。肌の色の違う女性バディが主人公になるのは、日本のドラマ史上初めてだ。

 新垣はこれまでに、「空飛ぶ広報室」「逃げるは恥だが役に立つ」(ともにTBS系)、「掟上今日子の備忘録」「獣になれない私たち」(ともに日本テレビ系)と、四つの野木氏の脚本作品に出演。5作品目のタッグとなる「フェンス」で新垣が演じるのは、沖縄の精神科医・城間薫。精神科医として日々の業務を行いながら、性暴力被害者の支援団体に協力する、登場人物たちに大きな変化を与える重要な役どころだ。

 新垣は「このような題材で作品を作るのはとても難しく勇気のいることだと思いますが、私は台本を読んで、おのおのの立場が抱える息苦しさやつらい現実だけではなく、個人に対しての希望や愛情を感じました」と語り、放送に向けて、「沖縄の人たちが皆それぞれの思いで、はたまた自分でも気付かないうちに少しずつ分け合って持っているであろう、漠然としたしこりのようなもの。目に見えないフェンス。今より多くの人に知ってもらい、皆さんのすぐそばにあるものとして何か感じてもらえたらいいなと思っています」とメッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.