News ニュース

三宅健がV6、ジャニーズJr.時代を語る!奇麗好きなこだわりの私生活も激白2022/11/25

 三宅健が、関西テレビで11月26日放送の「おかべろ」(土曜午後2:28。関東地区は、11月27日深夜1:30)にゲスト出演する。

 「おかべろ」は、とあるテレビ局近くのダイニングバーを舞台に、“常連”のナインティナイン・岡村隆と“店主”のNON STYLE・石田明がMCを務め、橋本和花子アナウンサーがアシスタントを担当し、有名人から“ここだけ”の話を引き出すトークバラエティー。今回のオンエアで、ついに300回目を迎える。

 三宅と同級生の石田は「びっくりするぐらいキラキラしてますよね!」と言うと、岡村も「ほんまや!」と、三宅の年齢を感じさせない美貌に驚きを隠せない。写真を撮られるのが苦手だという岡村に、“奇跡の 40代”と称されるキラキラのアイドル・三宅が、カッコいいポージングや意識していることを伝授。

 さらに、グループでの活動とソロ活動になってからの仕事の分量の違いや、物事の決定権の違いについても語る。V6時代には、意見が対立してもまとめてくれる人がいたり、多数決で物事を決定していたため、自分の意見を諦めていたが、ソロになってからは自分自身で決めるため「1人だと自分で決められるので逆に迷ってしまう」と、スタッフに迷惑をかけていることに悩んでいるという。

 また、「銀製品がピカピカしているのが好き」「菌は絶対に発生させたくない」とこだわりの私生活を激白。新築の家にしか住んだことがなかったという超奇麗好きな三宅が、ジャニーズJr.時代の合宿所生活を振り返る。

 V6の活動を終えてからも、音楽・ドラマ・舞台のほかにも、自身初の写真集を発売するなど精力的に活動している三宅。SNSアカウントも開設し、特にTwitterでは「#レンタル彼氏」「#応答せよ」などのハッシュタグを作り、フォロワーを楽しませている。

 「ジャンルレスでやらせてもらった時に、アイドルというカテゴリがしっくりくる」と話し、今後も“アイドル”として活動していく、三宅の現在の心境が明かされる。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.