News ニュース

芳根京子が「Akiko’s Piano」で朝ドラ以来のNHKドラマ主演。「丁寧に繊細に生きます」2020/07/06

 芳根京子が、NHK BSプレミアムとBS4Kで8月15日に放送のドキュメンタリードラマ「Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音(おと)」(午後6:00)に主演する。

 広島に投下された原爆で命を落とした19歳の女性・河本明子さんの在りし日の姿を、残された日記に基づいてドキュメンタリーとドラマで描く同作。連続テレビ小説「べっぴんさん」以来の同局ドラマ主演となる芳根のほか、田中哲司、真飛聖、町田啓太が出演する。明子さんをイメージした楽曲「Akiko’s Piano」は、今年8月に広島で初めて演奏され、爆風を受けながらも奇跡的に焼け残った明子さんのピアノが演奏に使用される。

 昭和15年。広島県三滝町に暮らす明子は、父・源吉(田中)、母・シヅ子(真飛)、そして弟2人と仲良く暮らしていた。明子の喜びは、大好きなピアノを演奏すること。ある日、彼女の夢を応援してくれた教師の竹内(町田)のもとにも、召集令状が届く 。戦況が悪化していくにつれ、徐々に音楽から引き離されていく明子の生活。「勉強がしたい」「もっとピアノを弾きたい」――。そんな思いをよそに、明子は勤労奉仕に駆り出される。そして、昭和20年8月6日の朝も父の反対をおして、作業のために市の中心部へと向かっていった…。それから75年後の広島。被爆したピアノが、明子の思いを奏でる。

 明子役を演じる芳根は「台本の表紙に、明子さんにとって大切な大切なピアノとトマトの絵が描いてありました。私も幼い頃からピアノとトマトが大好きで、たくさんの思い出があるものたちです。そんな運命を感じる明子さんの一生を、丁寧に繊細に生きます。精いっぱい頑張ります」とアピール。

 明子を応援する教師役の町田は「河本明子さんの日記にも登場する先生をモチーフにした役を演じさせていただくことになりました。この作品に参加することができ、気が引き締まる思いです。皆さんの心に届くように真心を持って作品づくりに挑戦したいと思います」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.