News ニュース

純烈、最初で最後の4人旅!“47都道府県で歌う”目標達成ラストの鳥取を満喫2022/11/11

 純烈が、テレビ朝日系で11月12日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(土曜午前8:00=ABCテレビ制作)に出演。年内に卒業することを発表した小田井涼平を含め、メンバー全員で鳥取県を訪れる。

 “47都道府県で歌うこと”を目標にしてきた歌謡コーラスグループ・純烈(酒井一圭、 後上翔太、白川裕二郎、小田井)。しかし、メンバーの4人全員で旅をするのは今回が初めてだ。47都道府県制覇の最後の舞台となる鳥取の初日は、小田井のリクエストで鳥取砂丘のパラグライダーやドライブ旅を満喫することになった。

 鳥取砂丘では、2015年まで47都道府県で唯一「スターバックスコーヒー」が存在しなかったことを受けて、県知事が「スタバはないが、日本一のスナバ(砂場)がある」と発言したことで誕生した「すなば珈琲」も訪問。砂で焙煎(ばいせん)した砂焼き珈琲を堪能。その後、レンタカーで県西部に向かう途中にある東郷湖・はわい温泉に宿泊。大浴場で旅の疲れを癒やすと、小田井からメンバーへ、15年の感謝と愛を込めたプレゼントが送られるサプライズも。

 翌日は、メンバーが小田井をおもてなしする形で、鳥取砂丘と並ぶ県のシンボル・大山に向かい、「日本の滝百選」にも選ばれた県最大の滝を目指してハイキングすることに。最後は、旅立つ小田井へメンバーから、サプライズプレゼントが送られ、鳥取砂丘を舞台に“47都道府県制覇”となる最後のステージを披露する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.