News ニュース

白洲迅、見えない敵にじわじわ追い詰められる!2020/07/02

 白洲迅が、フジテレビ系で7月11日放送の土曜プレミアム「世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編」(午後9:00)の一編「配信者」で主演を務めることが分かった。白洲が同シリーズに参加するのは「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP」以来5年ぶり3度目。主演は今回が初めてだ。

 白洲が演じるのは、テレビ局で情報番組のAD(アシスタントディレクター)として働く青年・赤城良太。ADとして毎日こき使われるのに嫌けがさしている赤城は、憂さ晴らしに、ADという立場を利用して時々つまらないネタをネットで生配信している。

 するとそこに1通の「バズるネタ教えてあげようか」というコメントとともに、あるURLが届く。思わずURLをクリックすると、そこには今まさに勤務中のテレビ局の地下駐車場が映っている。訳が分からないまま眺めていると、生配信を行っている誰かが、静止する警備員に包丁を持って襲いかかっている様子が映し出される。

 

 現代の科学では説明できない現象などについては「超能力とかそういう話は大好きなので、ぜひ信じたいです!」という白洲は、脚本を読んだ際、「ストレートなサスペンスホラーなのですが、配信者が撮影する“配信動画”とともにストーリーが進んでいくのが、とてもタイムリーな作品だなと思いました。現場でどんなふうに撮影していくのか、とても楽しみになりました」と明かす。また、演じるにあたっては「“配信者”の配信動画を頼りに、逃げ回っていくので、基本的には相手の存在は見えません。一体誰に、どんな相手に追われているのかすら分からない、その恐怖とパニックを思い切り表現しました」と熱演を報告。

 そして、「“動画配信”というものが日常にある現代だからこそ、伝わる恐怖感が詰まった作品だと思います。純粋にこのドラマをテレビで見る目線、主人公目線、作中の動画配信の視聴者目線、いろんな見方で楽しんでもらえたらうれしいです」とメッセージを寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.