News ニュース

「ウラ六本木クラス」で竹内涼真、新木優子、平手友梨奈らのクランクアップの瞬間を大公開2022/09/29

 テレビ朝日系連続ドラマ「六本木クラス」(木曜午後9:00)が本日9月29日に最終回を迎えた。地上波放送終了後からはTELASAで、ドラマ撮影の裏側や出演者の素顔に迫るオリジナル「ウラ六本木クラス」(https://navi.telasa.jp/roppongi_class/)の#6が配信スタート。約半年間という長きにわたって全力で撮影に挑んできた主演の竹内涼真をはじめ、新木優子、平手友梨奈ら豪華キャスト陣の感動のクランクアップの瞬間を一挙に届ける。

 ドラマは、絶望の淵に立たされた青年が復讐(ふくしゅう)を誓って、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく、仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸にラブストーリーや青春群像劇を交錯させながら描いた、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークした“ジャパン・オリジナル版”。

 主人公・宮部新(竹内)を巡って恋の三角関係を繰り広げてきた楠木優香役の新木と、麻宮葵役の平手がそれぞれクランクアップを迎えると、竹内から「お疲れーっ!」というねぎらいの言葉とともに、大きな花束が贈られた。そんな中、新木と平手は撮影を終えての心境を語っていく。

 また、新の宿敵だった長屋龍河役の早乙女太一や、「二代目みやべ」のメンバーである内山亮太役の中尾明慶、綾瀬りく役のさとうほなみ、新を慕いながらも恋敵となった長屋龍二役の鈴鹿央士も、おのおのに撮影を振り返りながら、時に笑いも起こしつつ、感動の最後の瞬間を迎えていく。そのたびにキャスト陣たちは熱いハグを交わし、中には劇中では考えられなかった組み合わせのハグも。

 そして、ついに「われらが座長! 宮部新役、竹内涼真さんオールアップになります!」という声がかけられ、竹内がクランクアップ。「長い道のりでしたけど、今日この撮影を終えて、今一番感じるのは…」と、その熱い胸の内を明かしていく。

 さらに、今回はクランクアップ集とともに、キャスト陣へのインタビュー映像も配信。「あなたにとって『六本木クラス』とは?」と問いかけられると、竹内はあることに例えながらその思いを告白。また、新木、平手、早乙女、中尾、鈴鹿、さとうも個性あふれる回答を披露する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.