News ニュース

「What’s NCT!?」ソンチャン&ショウタロウの魅力においでやすこががメロメロ2022/09/28

 NCTのソンチャンとショウタロウ、おいでやすこが(おいでやす小田、こがけん)が出演し、日本テレビほかで10月5日スタートのバラエティー「What’s NCT!?」(水曜深夜0:59。長崎国際テレビでも同日)の初回収録が行われ、4人が感想などを語った。

 韓国の次世代グローバルグループ・NCTのソンチャンとショウタロウが、“NCT応援部・汐留支局”のメンバーとして、おいでやすこがと、日本エンターテインメント界からのスペシャルゲストと共に、NCTの魅力を伝えるべく奮闘する様子をコント形式で届ける同番組。

 初回収録では、初対面を果たしたソンチャン&ショウタロウとおいでやすこがは、監督から掛け合いの流れや立ち位置や動きなど細かい演出を受けると、いよいよ番組の軸となるコントのパートから収録がスタート。冒頭からおいでやす小田の大声ツッコミがさく裂する。また、おいでやすこがのアドリブにソンチャンとショウタロウがセンス抜群の間で対応していくなど、早くも息ピッタリの様子。合間には丁寧に台本をチェックし、ショウタロウが日本語を勉強中のソンチャンをサポートするなど、絆を感じられる姿が。スタンバイ中は、セット内に散りばめられたNCTのグッズを見ながら、雑談が弾む4人。さらに、NGでカットがかかるとキャストとスタッフから笑いが起き、和やかに収録が進行した。

 トークパートでは、ゲストが独自の質問を繰り出し、ソンチャン&ショウタロウの魅力を引き出していく。初回はゲストにミキを迎えて、マシンガントークが展開。「見つめ合ってお互いのいいところを言い合う」ほか、「1日休みがあったらお互いをどこに連れて行く?」「夜にコンビニエンスストアで何を買う?」など、プライベートに迫る質問が飛び出し、ソンチャンとショウタロウの素顔が明らかになる。おいでやすこがとミキを思わずうならせた、2人の爆笑回答とは? 加えて、ソンチャンと亜生のカラオケ対決では、ソンチャンの美声に一同大興奮となる。

 12日放送・第2回には、ダウンタウン・松本人志のものまねで大ブレーク中のJPが登場。有名人のものまねや形態模写のレクチャーを受けて、ソンチャンとショウタロウの意外な才能が開花!? 続く第3回のゲストには、今TikTokで大バズり中のラバーガール(飛永翼、大水洋介)を迎え、2人の独特のコントの世界を学び、一風変わったTikTok動画の撮影に挑戦する。

 収録を終えたソンチャンは「NCTの名前がついた番組ということで責任感もありますが、日本の皆さんがNCTをもっと知ってくださったらいいなという気持ちで、一生懸命頑張りました。この番組が決まってから、番組で円滑なコミュニケーションが取れるように、もっと日本語を勉強して話そうと努力しています。まだまだ足りない部分もありますが、収録では出演者の方々が率先して楽しくしてくださって僕も楽しめたので、視聴者の方も同じように楽しんで見ていただけるとうれしいです!」と笑顔で感想を語る。

 さらに、「MCのお二人は、実は最初の方は大声にびっくりしてしまったんですけど、それがだんだんコメディーだというのが分かってきて面白かったです(笑)。進行も上手で楽しく盛り上げてくださったので、ありがたい気持ちが大きかったです。韓国のバラエティー番組に出たことがありますが、日本では初めてなので、今回は僕とショウタロウさんの魅力、NCTの魅力が新たに発信できればいいなと思います」と意欲を燃やす。

 ショウタロウは「冠番組と聞くとプレッシャーもありますが、すごく光栄に思いました。NCTのことを日本の皆さんに知っていただける機会ができて、とてもうれしいです。僕は2年間、韓国で暮らしていたので、あらためて日本のバラエティーの感覚を勉強するために、事前に漫才やトーク番組を見返してきました。収録では、それぞれ全く違うキャラクターの方々とお会いしたので、毎回本当に新鮮で面白かったです。トーク中は素直なリアクションなので、途中で笑いすぎて泣いちゃいました(笑)」と準備して臨んだ収録でしっかり楽しめたことを報告。

 続けて「おいでやすこがのお二人は、テレビで見ていたそのままにテンポがよくて楽しくて、ご一緒して『本当に自分がテレビに出てるんだ!』と実感できました。いろんな部分でたくさん引っ張ってくださったので、すごくありがたいです。ゲストのミキさんもすごく面白かったので、初回から多くの方に見てもらえたらうれしいです。コントに挑戦したり、ソンチャンと僕が今までにない新たな姿をお見せするので、楽しみにしていてください!」とアピール。

 また、今回の収録では「JPさんのものまねが一番印象深い」というソンチャンは、「韓国でもものまねをしている方がいますが、今回のものまねはディテールの再現がすごくて一番印象に残っています。僕は個人の特技みたいなのものがないので、今後ほかの番組に出演した時に使えるものになったらうれしいし、いつかコンサートなどでも披露できたらいいですね」とやる気を見せる。

 一方、ショウタロウは「本当に印象的なことがいろいろありすぎて選ぶのが難しい」と悩みつつ、「その中でもやっぱりラバーガールさんのTikTok撮影は面白かったです! 僕が実際にTikTokで見ていたような内容に挑戦できたので、すごく楽しかったですね。今後メンバーの間でも、こういうネタも使いながら撮影できたら面白いなと思いました」と話した。

 小田は収録を振り返り、「ホスト側で番組をやることがあまりないので、僕らも手探り状態でしたけど、収録はほんまに楽しかったしあっという間でした。韓国で活動するアーティストの子と共演するのは初めてで、前日の夜には『明日どうなんやろ』って不安もあったんですが、あの爽やかな笑顔を見て一発で不安も吹き飛びました。ほんまに純粋で純朴で前のめりですてきな2人なんで、いい機会をもらえましたね」と充実した収録となったことを伝える。

 加えて、「ゲストも個性豊かで、トークはそれぞれの特性を生かしたほうに持っていってます。まあ、ミキは持っていきすぎでしたけど(笑)。同じ番組だけど、ゲストによって毎回違う新鮮な感じで見られると思います。僕らもほぼ絡むのが初めてのゲストがいて、そこに初対面のNCTの2人がいるので、そのザラっとした異物感を楽しんでもらえたら。初回の見どころは、ソンチャンの一撃!です。0.01秒くらいシーンとなってからドーン!っていうあの破壊力は、もう忘れられないですね。必見です!」と見どころを紹介。

 「顔合わせがなくて初対面からの本番だったんで、不安は正直ちょっとあった」というこがけんは、「でも、2人ともニコニコでめちゃくちゃいい子たちだったんで、芸人というより父親とか親戚のおじさんスイッチが入って、最終的に『かわいいな』っていうので頭がいっぱい。なんなら家に連れて帰りたいです(笑)」とすっかり2人の魅力にハマった様子。

 そして、「番組は彼らが『学ぶ』がコンセプトでもあるんですが、毎回ゲストが違うので雰囲気が変わるんです。2人が前のめりで楽しんでいるので、本当に一緒に楽しんで、あっという間に時間が過ぎていった感じがします。どんどん積極性も出てきてたし、今日だけでもコミュニケーションスキルがかなり上がってると思います。初回は、まさかあの質問であんなに盛り上がれると思わなかったんですよ(笑)。まさに今後の2人の可能性が垣間見えるような場面があるんです。後は、そんなところで伏線回収される?みたいなところもあったので、最初から最後まで食い入るように見てほしいです」と2人の魅力が詰まった番組であることを紹介した。

 今後は、2人のどんな魅力を引き出していきたいか尋ねられると、小田は「練習生から一緒でプライベートも仲良くて、たぶん2人ならではのノリとかお決まりの会話があると思うんです。収録中に2人が耳元で話していることを後で日本語に翻訳したら、『こんなこと言ってたんや!』というのもあったので、そういう部分が回を重ねるごとに増えていくといいですね。でも、後半は本当に砕けた感じになってきていたので、これから素の感じをもっと見たいなと思います」、こがけんは「ソンチャンはどちらかというと優等生なイメージでしたが、あるアニメの話題ですごく前のめりで笑顔になる瞬間があったんです。もしかしたら、まだほかにも本人が気付いていないツボがあるかもしれないので、それがこの番組の中で見つかるといいですよね。ショウタロウくんは通訳でサポートしたり役割が多いけど、慣れてきたらまた変わってくるだろうし、さらにトークを楽しんでほしいです。今後はもっと緊張が解けて、2人が居心地のいい空間を作れたらいいなと思います」と力を込めた。

 なお、地上波版に未放送映像を含むHulu完全版を、10月4日深夜0:00から先行配信。CS放送の日テレプラスでは、初回を10月8日(午後6:00ほか)、10月14日の第2回以降は毎週金曜午後9:30から、地上波版に未公開映像を追加した日テレプラスオリジナル版として放送する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.