News ニュース

NCT 127、NCT DREAMら豪華アーティスト勢ぞろいの「2021 SBS歌謡大祭典」中継&配信が決定2021/12/17

 12月25日に行われる韓国最高峰の音楽祭「2021 SBS歌謡大祭典」が、CS放送の女性チャンネル♪LaLa TVで同時翻訳付きで午後4:00から生中継され、TELASAでは、2022年1月8日から国内最速独占配信されることが決定した。

「2021 SBS歌謡大祭典」には、今年9月にリリースしたサードフルアルバム「Sticker」とリパッケージアルバム「Favorite」の累計販売数が300万枚超を記録し、米・ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」に12週連続ランクインしているNCT 127、ファースト・フルアルバム「Hot Sauce」「Hello Future」で快進撃を見せたNCT DREAMが出演。

 また、先日行われた「2021 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS」(MAMA)で新人賞を受賞したENHYPENとaespa、Holiday Special Single「Christmas EveL」の日本配信がスタートしたばかりのStray Kids、今年日本デビューを果たしたITZY、12月1日に発売したデビューシングル「ELEVEN」が歴代ガールズグループのデビューアルバム初動売り上げトップを記録したIVEらも登場し、グローバルに活躍する超豪華アーティストが一堂に会する。

 そのほか、KEY(SHINee)、NU‘EST、Red Velvet、OH MY GIRL、Brave Girls、ASTRO、THE BOYZ、ATEEZ、STAYC、WOODZ(チョ・スンヨン)、ユテヤン(SF9)、ミンニ((G)I-DLE)、イ・チェヨン、GRAY、LOCO、イ・ハイが出演。さらに、韓国ヒップホップ界の人気アーティストが多数所属する音楽レーベル・AOMGからSimon Dominicの出演が明らかになった。司会はBOOM、KEY(SHINee)、YUNA(ITZY)が務める。

 なお、日本語字幕版はLaLa TVでは2月6日(午後4:00)に放送、TELASAで2月7日から配信される。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.