News ニュース

観月ありさが「私たちはどうかしている」で横浜流星の母役。浜辺美波をいびり倒す!2020/06/30

 観月ありさが、浜辺美波と横浜流星がダブル主演を務める、今夏放送の日本テレビ系連続ドラマ「私たちはどうかしている」(水曜午後10:00、開始日未定)に、横浜演じる高月椿の母・高月今日子役で出演することが分かった。

 同作は、安藤なつみ氏による累計発行部数200万部超の同名漫画をドラマ化。老舗和菓子店を舞台に、15年前に起こった老鋪和菓子店「光月庵」主人の殺害事件を巡り、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらもひかれ合う、かれんで才能あふれる和菓子職人・花岡七桜(浜辺)と老舗和菓子店のクールな跡取り息子・高月椿(横浜)の姿を描いたラブミステリーだ。

 観月演じる「光月庵」の女将(おかみ)である今日子は、15 年前の事件で殺害された先代当主・高月樹(鈴木伸之)の妻。一人息子である椿に店を継がせようと異様な執念を燃やし、しかるべき名家から嫁を迎えようとした矢先、事態は急変。椿にプロポーズされた七桜が、結婚すると「光月庵」へ。突如として目の前に現れた「息子をたぶらかす女」を追い出そうと、苛烈(かれつ)な“嫁いびり”を始める役柄だ。あの手この手で七桜をいびり倒す今日子の強烈なキャラクターは、話題を呼びそうだ。

 観月は「私が演じる高月今日子は、台本を読んでいても『今日子さん来たーっ!』とワクワクしてしまう、かなり強烈なキャラクターの女将です。あの手この手で七桜を『光月庵』から追い出そうとしますので、毎回、視聴者の皆さまに『わぁ出た!』『またすごいことしてる!』と、今日子を見るのが楽しみになっていただけるよう、パワー全開で演じていきたいと思っています!」と役柄を紹介しつつ、意気込みを語る。

 さらに「今回は全編和装なので、いろいろな着物を着られることが楽しみですし、日本らしい“和”の美しさを楽しんでいただけることもうれしいです。原作に寄せて、今日子のチャームポイントでもある“泣きぼくろ”も作っていますので、そこにも注目してみてください!」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.