News ニュース

「相棒 season21」初回、勝村政信がシリーズ初登場!「歴史上の人物に遭遇した気分」2022/09/14

 テレビ朝日系で10月からスタートする「相棒 season21」(水曜午後9:00、開始日未定)の初回スペシャルに、勝村政信が出演することが分かった。

 2000年にスペシャルドラマとして誕生して以来、国民的刑事ドラマとして定着した「相棒」は、シリーズを通じて挑戦を続け、進化してきた。そして、水谷豊が演じる杉下右京と寺脇が扮(ふん)する亀山薫が、約14年ぶりにタッグを組むことで注目を集めている。

 南アジアのサルウィンで腐敗政府を倒したアイシャ・ラ・プラントという反政府運動のリーダーが、親善目的で来日。なぜかパーティーに招待された右京が、興味本位で会場に向かうと、そこにはサルウィンに渡っていた元相棒・薫の姿があった。パーティーはお祝いムード一色だったが、そんな中、薫のスマートフォンに不穏なメッセージが届く。それは「アイシャを殺さなければ、旅客機を墜落させる」という脅迫文だった。該当の便には、薫の妻・美和子(鈴木砂羽)も搭乗していた。到着までのリミットは4時間。右京と薫は、手分けして脅迫者を追跡するが、その矢先、会場の一角で、思いも寄らない事件が起こる。

 勝村が演じるのは、外務省幹部でアジア大洋州局次長を務める厩谷琢。若い頃から日本とサルウィンを行き来していた外交通で、サルウィン側の要人とも良好な関係を築いている人物だ。先に起こった反政府運動で政府が倒れ、新たな国家へと歩みを進めようとしているサルウィンで運動のリーダー的存在だった人物の来日に際し、日本で開催されたパーティーに招待された右京、そして“サルウィン親善使節団”の一員として出席していた薫は、パーティーの会場で厩谷と出会うことになる。

 待望のシリーズ初出演が実現した勝村は、最初に“相棒”の2人に会った時、「歴史上の人物に遭遇したような気分」になったという。「水谷豊さんは僕が若い頃からずっとスターですから。初めてご一緒できるのはうれしかったですし、緊張しました。でも、撮影では水谷さん、寺脇さんが気を使ってくださったので、ずっと笑いながらしゃべっていました。寺脇さんも、いつもとちょっと違ったので不思議な感覚でした。寺脇さんとは何年も京都でずっと一緒です。“うちの娘が『相棒』が大好きで”という話をしたら、僕の台本に“亀山くん”のイラストを書いてくださって…。ちょうどそのすぐ後に、寺脇さんが『相棒』に復活するというニュースが出て驚きました。今回の『相棒』に出演のオファーをいただいた時は、不思議なご縁を感じました」と驚きを隠せない様子。

 また、今回の役どころについては、「僕が演じる厩谷は外務省の幹部なので、政治家っぽい口調を意識しました。英語のセリフも多くて、なかなか厳しかったですね(笑)。ほぼ一発勝負のような撮影で、みんな気を失いかけていましたけど(笑)、なんとかやり切ることができました…。右京&薫コンビの復活となる新シリーズの初回なので、期待の大きな回になると思いますが、少しでも印象的な人物になれていたらいいなと思っております。『相棒』の一員にさせていただいたことを誇りに思います」と喜びをかみ締めている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.