News ニュース

「相棒 season21」がクランクイン。右京と薫の再会シーンから始動!2022/07/25

 テレビ朝日系で10月にスタートする連続ドラマ「相棒 season21」(水曜午後9:00、開始日未定)がクランクイン。14年ぶりに「相棒」の世界で、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)が再会を果たした。

 スペシャルドラマとして誕生して以来、国民的ドラマとして定着した「相棒」は、シリーズを通じて挑戦を続け、進化してきた。右京と薫の出会いは、2000年6月3日放送の “プレシーズン”第1弾。警視庁刑事部捜査一課の刑事だった薫が、偶然出くわした指名手配犯に人質にされる失態を犯し、“人材の墓場”とやゆされる特命係に左遷される。それが、2人のファーストコンタクだった。その後、02年10月から連ドラ化され、足掛け9年、124話にわたって、薫は右京の“相棒”を務めた。不正が蔓延する国で「子どもたちに正義を教えたい」と、警視庁を辞めて、南アジアの小国・サルウィン(架空の国家)に渡った薫。それ以来、右京と薫は一度も顔を合わせることなく長い歳月が経過している。

 前シーズンで卒業した冠城亘(反町隆史)の後を継ぐ“5代目相棒”が薫であることが発表されると、驚きとともに日本列島を興奮の渦に巻き込んだ。

 現場に登場した寺脇の、あまりにも変わらない“亀山薫ぶり”に、水谷も思わず「おー、亀山くん!」と笑顔で肩を抱き寄せ、スタッフを含めた、その場にいる全員から「おかえりなさい」という温かい拍手がおくられる中、撮影がスタート。まさに、劇中でも右京と薫が再会するという重要なシーンから始動した。

 ついに再会した2人。しかしそこには14年の歳月を感じさせないほど、自然な2ショットが。阿吽(あうん)の呼吸で進んでいく撮影に、思わず寺脇が「14年も経った感じがしないですね」と感想をもらすと、水谷も「本当に。亀山くんは2、3カ月サルウィンに行っていたって感じ(笑)」とうなずいた。真剣な撮影の後、カットがかかると、互いに顔を見て笑い合うなど、和やかな雰囲気に包まれたクランクインの現場となった。

 右京と薫の邂逅(かいこう)で幕を開ける「相棒 season21」では、見慣れたはずの英国紳士風のスーツとは違ったフォーマルな装いの右京、そしてTシャツにフライトジャケットが定番スタイルだった薫も、何やら一風変わった格好をしている。果たしてどんな再会となるのか? その瞬間は見逃せない。

 


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.