News ニュース

甲本雅裕と中尾明慶が「PICU 小児集中治療室」で吉沢亮と共に働く医師役2022/09/06

 甲本雅裕と中尾明慶が、フジテレビ系で10月にスタートする連続ドラマ「PICU 小児集中治療室」(月曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 本作は、15歳以下の子どもを対象にした小児専門の集中治療室(Pediatric Intensive Care Unit=PICU)を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。大規模なPICUの運営は極めて困難だといわれてきた北海道で、駆け出しの小児科医・志子田武四郎(吉沢亮)が、PICU科長・植野元(安田顕)ら先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUと、PICUに搬送できる医療用ジェット機の運用を可能にするために奔走する姿を描く。

 甲本が演じるのは、武四郎が勤務する丘珠病院の麻酔科医・今成良平。経験豊富なベテランで、冷静な判断力と正確な麻酔技術を兼ね備え、病院内で引っ張りだこの名医だ。裏表なく竹を割ったような性格で人望も厚い。稚内から緊急搬送されてくる少女の治療のため、植野の呼びかけにより、急きょ人材不足に悩むPICU科に臨時で応援に入る。

 「面白い台本はあっという間に読めてしまう。読みながら場面の想像をしていると、早く現場に行きたくなりました!」と出演を喜ぶ甲本は、「オジサンはオジサンとして、しっかりオジサンを務めたいと思います!」と意気込む。

 一方、中尾は、丘珠病院の救命救急医・東上宗介に扮(ふん)する。非常に優秀で冷戦沈着、口数は少ないが情熱を秘めており、1秒を争う緊急かつ重症な患者の対応に全力で当たる。医師や看護師からの信頼も厚く、いざという時に頼りになる存在だ。今成と同様に、植野の呼びかけによってPICUの応援に入る。

 「僕自身子どもがいますので、台本を読んでいてすごく心が揺さぶられましたし、気を引き締めて作品に臨まなければいけないなと思いました。ヘビーな部分もありますが、世の中に伝えるべきメッセージを強く感じて、今はいいドラマになる予感しかしないです」と明かす中尾。

 明るいキャラクターを演じている印象のある中尾だが、今回は寡黙な役柄ということで「現場ではしゃべりません!(笑)。でも、監督が話しかけてくるからなあ(笑)。僕は陽気で笑っている役が多いんですけど、今回は“笑顔封印”でラストまでいきたいです。でも、空き時間どうしてもしゃべってしまう(笑)。新しい挑戦もあるし、今は楽しみでしかないです」と期待に胸を膨らませている。

 そして、「平野(眞)監督や金城(綾香)プロデューサーをはじめ、(同系の)『監察医 朝顔』でお世話になったチームなので、間違いなく素晴らしいドラマになると確信しています。僕もやれるべきことを精いっぱいやりますので、放送を楽しみにしていてください」と呼び掛けている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.