News ニュース

宮野真守、「君の花になる」で自身にピッタリ!?な“くせ強”マネジャー役! 内田有紀、竹中直人、夏木マリも出演2022/08/22

 本田翼が主演を務め、TBS系で10月にスタートする連続ドラマ「君の花になる」(火曜午後10:00、開始日未定)に、宮野真守、内田有紀、竹中直人、夏木マリが出演することが分かった。

 ドラマは、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ8LOOM(ブルーム)の寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。あす花は、突如ボーイズグループが共同生活する寮の寮母になったことをきっかけに、かつての教え子・佐神弾(高橋文哉)と再会する。弾がグループのリーダーとして夢に向かって真っすぐ挑戦する姿に心を打たれ、気付けば教師だった頃の情熱を取り戻し、自身の挫折とも向き合うようになっていく。30歳の節目に、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む女性の成長と胸キュンを描いたオリジナルストーリーが展開する。

 今回発表された4人が演じるのは、8LOOMの所属事務所である「花巻エンターテインメント」の関係者。宮野が務めるのは、8LOOMのマネジャー・添木ケンジ。圧の強い笑顔とやたらキレのいい動きが特徴的な“くせ強”キャラで、期待の新人としてデビューしたものの、全く売れずにくすぶっている8LOOMに頭を悩ませている。言動が空回りしてしまうことも多々あるキャラクターだ。

 そして、内田は、8LOOMのライバルグループ・CHAYNEYのマネジャー・香坂すみれを演じる。“鉄眼鏡”の異名を持ちクールで無愛想な香坂だが、無名の新人だったCHAYNEYを一躍人気グループへと成長させたやり手であり、そのマネジメント能力は折り紙付き。プロ意識の低い8LOOMのメンバーとあす花のことを面白く思っていない節がある。

 宮野は「このたび、『君の花になる』にレギュラー出演させていただけることになりました。とても光栄なことです。しかも今回演じる“添木ケンジ”は、とっても癖の強い役なんです。『え? 宮野にピッタリじゃん』と思ったそこのあなた、でもそうですね、それを踏まえた上でのキャスティングだったのでしょう(笑)。台本には、ケンジのセリフの上に必ずと言っていいほど(キレよく)と書いてあるのです。現場では、自分の中で考え得るキレとコミカルを提供できるように頑張っています(笑)」と現場での奮闘を伝え、「そして、本田翼さんが明るく元気に現場を盛り上げてくれていて、とてもすてきな雰囲気で撮影は進んでいます! 笑えて、感動して、胸キュンできるオリジナルドラマをぜひともお楽しみに!」と呼び掛ける。

 内田は「私たちの過ごす芸能界が少しコミカルに描かれたストーリーです。ブレークを目指す7人のグループ。このドラマを通し、実際に俳優として大成する役者さんがいるかもしれません。マネジャーという役柄同様に、私自身も彼らの成長を見守っていきたいと思います。ぜひそういった角度からも楽しんでみてください」と見どころを紹介。

 また、竹中は、神出鬼没な謎の事務所関係者・トリニティ春日役を担当。8LOOMメンバーも“偉い人らしい”ということしか知らない、謎に包まれた人物であるトリニティが、どのようにあす花たちと関わっていくのか、予測不可能な展開が楽しみな役どころだ。夏木は、花巻エンターテインメントのやり手社長・花巻由紀に扮(ふん)する。とにかく無駄が嫌いな花巻は、スタッフはもちろんタレントにも甘えを許さない完璧主義の経営者。いまだにパッとせずプロ意識も低い8LOOMに対しても容赦はなく、残り半年間での契約解除宣告を突きつける。しかし、トリニティにだけは心を許しているようで…。

 竹中は「本田翼さんとは初共演。本田さんのドクトクでチャーミングなお芝居に圧倒され、8LOOMのエネルギーに満ちあふれた美しさに見とれ、久しぶりの共演となる夏木マリさんのシャープな存在感に震え、ぼくは想像もしていなかった世界へと連れ去られてしまいました! それが、ぼくの演じるトリニティ春日です! トリニティって…!? 何者!? 恐るべし本田翼!!ということですね!」と魅力的な俳優がそろっていることを伝える。

 夏木は「今回は、芸能事務所・花巻エンターテインメント社長です。やり手の仕事人間なので、あの事務所のあの方をイメージして役作りしています。ふふ…。1話毎にピリッと登場です! 無駄を嫌い、分単位で動いています。完璧に仕事をしてきた彼女はどこで自分を解放しているのか、撮影のなかで探っているところです」と役柄と役作りについて触れ、「頼もしい本田翼さん、食べちゃいたい8LOOM(いえいえ、今回はすてきな人間の役!)ですが、みんなとの現場は楽しく進んでいます。火曜、よる10時! ご期待くださいね」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.