News ニュース

「Mステ」KinKi Kidsが山下達郎作曲の最新曲「Amazing Love」を披露。TWICEは約3年ぶりにパフォーマンス2022/07/22

 テレビ朝日系で本日7月22日放送の「ミュージックステーション」(金曜午後9:00)では、TWICEが約3年ぶりに同番組のスタジオでパフォーマンス。さらに、デビュー25周年のKinKi Kidsが最新曲「Amazing Love」を歌唱する。

 TWICEは、アジア発9人組ガールズグループ。JYPエンターテイメントのメインプロデューサーであるJ.Y.Parkとメンバー全員が作詞、TWICEメンバーも歌詞の世界観にアイデアを出した、最新アルバムのタイトル曲「Celebrate」をテレビ初披露する。

 前回、2019年11月以来の登場となるTWICEの楽曲は、日本デビュー5周年を盛大に祝う意味が込められており、歌詞には「どんなときでもちゃんと声は届いているよ」「そう気づけばいつしかLike a family 誰より支えあう存在に」など、TWICEからONCE(TWICEファンの呼称)へ向けた感謝の気持ちが込められている。

 メンバーのナヨンは「TWICE日本デビュー5周年を、記念した作品。サビのクラッカーを鳴らすような振りのダンスにも注目していただきたいです」とコメント。ジョンヨンは「最近はずっとリモート出演だったので、やっとスタジオに行けます!」、ジヒョも「5年中約2年間は、直接日本に来られなかったので会えなかった分、ONCEたちといい思い出を作りたいと思います!」とそれぞれが久々の来日と、番組出演の喜びを語っている。

 そして、記念すべきデビュー日の翌日の出演となるKinKi Kids。1997年にリリースしたデビュー曲「硝子の少年」と、同じく山下達郎が作曲を手掛け、KinKi Kidsが作詞を担当した「Amazing Love」について、KinKi Kidsは「『硝子の少年』は山下達郎さんから“40歳になっても歌える曲”として10代の頃にいただいたデビュー曲。その言葉の通り、今なお歌い続けていますし、(作詞家の)松本隆さんが“君たちが書かせた”と言ってくださっている歌詞も大事に披露したいと思います。『Amazing Love』はとにかく気持ちいい曲です。KinKi Kidsにしては珍しく明るい曲なので、楽しみながら披露します!」とメッセージを寄せている。

 番組では、ほかにも、ゴスペラーズのセルフカバーアルバム収録曲で東京大学の音楽サークル出身の実力派6人組バンド・PenthouseとSPコラボした「Keep It Goin’ On feat. Penthouse」、Perfumeは「Spinning World」、平井大は夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング「栄光の扉」を歌う。

 また、VTR企画では「ガールズグループヒストリー」と題し、J-POPの歴史を変えた6大ガールズグループの歴史を、番組に残る秘蔵映像とともに振り返る。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.