News ニュース

「個人差あります」に大浦龍宇一、鶴田真由らがレギュラー出演2022/07/19

 フジテレビ系で8月6日にスタートする連続ドラマ「個人差あります」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に、馬場徹、紺野彩夏、大水洋介(ラバーガール)、大浦龍宇一、鶴田真由が出演することが分かった。

夏菜、新川優愛、白洲迅が主演するフジテレビ系連続ドラマ「個人差あります」(8月6日午後11:40)の出演者が決定した。

 夏菜、新川優愛、白洲迅が主演する本作は、日暮キノコ氏の漫画「個人差あり〼」(講談社「週刊モーニング」所載)を原作に、突如性別が変わってしまう“異性化”に翻弄(ほんろう)される夫婦を主人公に、夫婦や恋愛の多様な在り方を描くラブストーリー。サラリーマンの磯森晶(白洲)は、小説家の妻・苑子(新川)と2人暮らしで、幸せなはずだが、どこか冷めた夫婦生活を送っていた。ところがある日、瀕死の状態になったことをきっかけに、晶は女性(夏菜)になってしまう。それは、身体的性別が変わってしまう“異性化”だった。晶は「異性化証明書」をもらい社会復帰するが、初めてのブラジャーに初めての化粧、そして初めて男性を意識するという感情も芽生えだす。妻・苑子は、どんどん女性になっていく夫に戸惑いながらも変化を受け入れ、夫婦を続ける。

 晶と同じ職場の先輩・雪平直道を演じる馬場は、「雪平は、無意識に抱えている自分との葛藤に共感を持てるキャラクターなのかも…と考えさせられています。ファンタジーといえど、デリカシーの大事なお話だと思って臨んでいますので、見ている人に『ひどいなー!!』とか『分かる
なー!!』なんて思ってご覧いただけるとうれしいです」とアピール。

 晶がよく買い物するドラッグストアの店員・横山真尋役を務める紺野は、役柄について「どのような人物か今は詳しくお話できませんが、晶と苑子の関係にどう関わってくるのか、 注目していただきたいです」と語り、「異性化を切り口に描かれたドラマとなっています。 多様性の時代だからこそ、響くものがあると思いますので、性別・年齢問わず多くの方にご覧いただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。

 晶の高校時代からの親友・山谷貴大に扮(ふん)する大水は、「昔からの親友として男の晶と女の晶、どちらに対しても同じように接する役ということで、撮影の時は夏菜さん、白洲迅さんの中にある魂と会話することを心がけました」と役柄に触れつつ、「あと、晶の行きつけの居酒屋がとても僕好みの店だったので、もし実際に晶に会っても仲良くなれそうだな、と思いました」と報告。

 また、異性化した部下を温かく迎え入れる上司・澤俊之役の大浦は、「原作と脚本を読んだ時、何かものすごいものが空から降ってきたようでした。積み重ねた数々の経験をこの作品で爆発させます。そして願わくば、皆さまが私に持たれているイメージに大きな風穴を開けたいと思います!」と気合十分。

 そして、異性化した夫の妻・苑子を支える担当編集者・菊原順子役の鶴田は、「精神面のサポートもするメンターのような役どころですので、セリフの一つ一つに深い愛と厳しさをもって臨みたいと思います」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.