News ニュース

井上祐貴が「卒業タイムリミット」で主演。キスマイ・北山宏光、滝沢カレンらも出演2022/02/10

 NHK総合では、4月4日から15分間の「夜ドラ」枠がスタート。その第1シリーズとして、井上祐貴が主演を務める「卒業タイムリミット」(月~木曜午後10:45)が放送される。

 ドラマの原作は、気鋭の作家・辻堂ゆめ氏による、疾走しながら絆で結ばれていく若者たちの青春ミステリー小説。卒業式を3日後に控えた欅台高校。生徒に人気の英語教師・水口里紗子が誘拐され、黒川良樹(井上)のもとに、差出人不明の挑戦状が届く。そこには「誘拐の謎を解け。真相は君たちにしかわからない」と書かれていた――。

 同じ挑戦状を受け取ったのは、サッカー部でスポーツ万能の荻生田隼平、校内ミスコングランプリの美少女・小松澪、そして黒川の幼なじみで学年一の秀才・高畑あやね。なぜこのメンバーが集められたのか不審に思う4人だったが、徐々に水口の別の顔が明らかになっていく。そしてまた、集められた生徒たちが問題を抱えていたことが分かる。

 井上は「新設されるドラマ枠の第1弾作品の主演を務めさせていただくということで、決定のお知らせを聞いた時には、とてもうれしい気持ちと同時に、身の引き締まる思いでいっぱいになりました」と出演が決まった際の心境を明かす。

 さらに、「僕が演じる黒川は、高校ではほとんど誰とも話をせず、ほかの生徒からも怖がられているような子。そんな黒川が、卒業式直前に起きた誘拐事件をきっかけに、高畑、荻生田、小松と少しずつ心を通わせながら、真相を追求する物語です」と役柄と物語を説明し、「まだまだコロナ禍で世の中大変な状況ではありますが、とてもすてきなキャストの皆さま、スタッフの皆さまと一丸となって頑張りますので、ぜひ楽しみにしていてください」と意欲を燃やしている。

 ロンドンからの帰国子女で学年一の秀才である、良樹と小学校時代を共に過ごした幼なじみ・あやねを桜田ひよりが演じる。

 また、サッカー部に所属しスポーツ万能で、部活の中でもパッとしなかったサッカー部を強豪校に押し上げた立役者・隼平役を西山潤が務める。

 本人の知らないうちに校内ミスコングランプリに選ばれていた美少女で、男子生徒からも人気が高い澪役は紺野彩夏が担当する。

 さらに、滝沢カレン、仙道敦子、中尾明慶、Kis-My-Ft2の北山宏光も出演。卒業式3日前、校内からこつ然と姿を消したファッショナブルで親しみやすいキャラクターで、生徒たちに人気の英語教師・水口役を滝沢、良樹の担任で、不良グループの一員とみられ不登校だった彼のもとに通いつめ、卒業へと導いた教師・伊藤倫太郎役を中尾、夫を交通事故で亡くし、1人で良樹を育ててきた母・黒川由美子役を仙道、若くしてビジネスで成功して私費を投じて5年前に欅台高校を開校した、植物の世話をする姿が生徒から「妖精」と呼ばれる異色の理事長・小菅泰治役を北山が務める。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.