Drama Guide ドラマガイド

個人差あります21時間前

番組情報

8月6日 スタート フジテレビ系 毎週土曜 午後11:40~深夜0:35

あらすじ(第3話 8月20日放送)

個人差あります/第3話

元の男性の体に“リバース”した晶(白洲迅)は、理由を苑子(新川優愛)に問われるが、雪平(馬場徹)と一夜を共にしたからとは言えない。異性化により会話不足を痛感した晶と苑子は、言えなかった本音を口にする。晶は子どもをつくることを提案。だが、再び女性になることへの不安から行為を遂げられない。そんな折、晶は真尋(紺野彩夏)からあることを明かされる。

キャラクター紹介

  • 磯森晶(夏菜)
    男性として妻・苑子と暮らしていたが、ある日突然女性になってしまう。「異性化証明書」を受けとり、体は女性、心は男性としての生活を送る中で、女性の苦労や生きづらさを知ることに。女性になったことで、男性との間に微妙な距離感が生まれ始める。
  • 磯森苑子(新川優愛)
    晶の妻。デビュー作の大ヒット以降はスランプ気味の小説家。子育てをしながらの執筆活動は難しいと考え、晶とは子どもの話を避けていた。晶が突然“異性化”したが、2人でこの難局を乗り切ろうと、化粧を教えたりして懸命に支える。
  • 磯森晶(白洲迅)
    100円ショップの商品企画部に勤める会社員。5年前に苑子と結婚し、会話はあるもののどこか冷めた夫婦生活を送っていた。ある日、瀕死の状態になったことをきっかけに、女性になってしまう。

出演者

夏菜/新川優愛/白洲迅 ほか

スタッフ・音楽

原作:日暮キノコ「個人差あり〼」(講談社「週刊モーニング」所載)/企画:市野直親/脚本:ひかわかよ/演出:山内大典/演出:紙谷楓/プロデューサー:河角直樹/プロデューサー:水野綾子
主題歌:JUNNA「曖昧な2人」/挿入歌:ビッケブランカ「魔法のアト」

概要

夏菜、新川優愛、白洲迅がトリプル主演。“異性化”に翻弄される夫婦の物語

2022年夏ドラマガイド/個人差あります

突然性別が変わるという架空の設定“異性化”を切り口に、夫婦や恋愛の多様なありようを描くラブストーリー。多様性の時代の疑問や悩みにも、そっと寄り添っていく。夏菜と白洲迅が“2人1役”で、男性から女性になる磯森晶を演じ、それに戸惑いつつも受け入れる妻・苑子には新川優愛が扮する。ある日突然、女性になってしまった、サラリーマンの晶。晶の妻・苑子は、戸惑いながらも夫の変化を受け入れ、夫婦を続ける。「異性化証明書」をもらって社会復帰し女性として生活していく晶だったが、そこで“男社会の常識”にさらされていく。さらには、家庭でも無意識のうちに男女で役割の区別をしていたことに気付く。

この記事をシェアする


   
Copyright © TV Guide. All rights reserved.