News ニュース

A.B.C-Z・塚田僚一、初キスシーン挑戦に「ドキドキ」2020/06/24

 A.B.C-Zの塚田僚一が、フジテレビで6月26日に放送の「ウケメン」(深夜0:55、関東ローカル)に初登場。かまいたち(山内健司、濱家隆一)もゲストで出演する。

 同番組は、フジテレビの若手バラエティー制作チームが深夜におくる新感覚お笑いプロジェクト。3時のヒロイン、トキヨアキイ、ひみつスナイパー健、マカロン、リンダカラーといった若手お笑い芸人たちが新ネタ・コント・新企画に挑戦する。番組ファンを公言していた塚田は、ジャニーズ初参戦ということで張り切りまくり、低周波ビリビリ&初キスシーンに挑む。

 塚田は、新企画「3字の青春白書」に出演。舞台は、アメリカの超人気ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」ばりのハイスクールで、塚田演じる学校一のイケメンである“ツカJ” は、華麗なY字バランスで登場する。「ウケメン」メンバーの女子たちがツカJに、お題となるキーワードを3文字のヒントで伝えるが、1分以内で答えられないとツカJとヒントを与えた女子の両方に低周波ビリビリ攻撃が。1分以内に正解が出ると、ツカJとその女子は“キスすることができる”というルールだ。

 塚田は「『ウケメン』は初回から好きだったので、うれしかったです。世代的にも『めちゃ×2イケてるッ!』『はねるのトびら』『ピカルの定理』(すべて同系)などのコント番組が好きで、憧れていたので。いろいろなところで“出たい”と言っていました」と念願の出演に喜色満面。キスシーン初挑戦には「もうドキドキでした! A.B.C-Zのメンバーはキスシーンの経験はありますが、僕はキャラクターや役回り的に回ってこなかったので」と緊張した様子。

 今後も出演には乗り気で「過去に『ウケメン』メンバーが両親や元カレを取材されるなど、人間性の面白さも描かれていますよね。お笑いなのにドキュメンタリーでもあるんですよ。僕の人生を掘り下げられたら大変です。でも“ティッ君トッ君”みたいに体を張れるもので自分の限界を見てみたい、という部分もあります」と期待している。

 一方、かまいたちは、3時のヒロイン・福田麻貴が扮(ふん)するアンミカならぬ“アンマキ”がプレゼンターを務める「ウケメンショッピング」に登場。アンマキが出演者の愛用品をオススメしウケメンショッピング価格でフリマアプリにガチで“出品”する人気コーナーで、実はかまいたちは「ドッキリGP」(同系)の番組宣伝のためと聞かされスタジオ入りする。ウケメンメンバーは憧れの大先輩を前に大興奮するも、2人は「ウケメン」を知らなかった。

 アンマキが、企画の趣旨を説明し取り出したのは、山内が苦労してゲットしたという日本未発売の超レアな私物。山内は「めちゃくちゃ高かった! なんで売るの?」と突っ込む。さらに、アンマキは、濱家が大事にしているというあるアイテムを“おまけ”でつけると言い、出品ボタンを押そうとする。山内は「俺たちのメリットって何? 知らんヤツがやっている、知らん番組だ!」と焦りまくる。

 別番組の収録と聞かされていて登場した時の感想を、山内は「スタジオに入って『ドッキリGP』の面々ではなかったから何か違うな、と。『ウケメン』を見たことなかったので、何が何だか分からなかったです」 、濱家も「『ウケメン』という番組の名前は聞いたことはあったし、3時のヒロインが出ているというのは聞いていたのですが、ほかのメンバーは初対面で、どうなるんだろう、と」と困惑。

 大切な私物が売られてしまったことについて、山内は「本当に! 何の接点もない番組ですることじゃないですよね。自分の関係する番組とかレギュラーなら分かるのですが。急に呼ばれて、売られる。そして知らないメンバーを見渡して…割に合わなかったです。今からマネジャーにギャラで請求したいと思います」、濱家も「身を切る必要がなかったです。給料に乗せてもらうしかないですね。僕の私物はもっと出してくれてよかったけど。リアクション難しかったなー(笑)」とぼやいている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.