News ニュース

吉川晃司にほれぼれ! 尾上寛之が「探偵・由利麟太郎」で志尊淳の同級生役2020/06/22

 尾上寛之が、フジテレビ系連続ドラマ「探偵・由利麟太郎」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の6月23日放送・第2話にゲスト出演する。

 吉川晃司が主演を務める5週連続特別ドラマで、横溝正史の「由利麟太郎シリーズ」を初めて連ドラ化。京都を舞台に元警視庁捜査一課長という肩書を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎(吉川)が、ミステリー作家志望の三津木俊助(志尊淳)と共に数々の奇怪な難事件を解決していく。

 第2話「憑かれた女」で尾上が演じるのは、三津木の学生時代の同級生で、ミステリー同好会の仲間だった井出圭一。三津木と井出は、道端で祇園のクラブホステス・吉岡エマ(水上京香)に遭遇する。店の常連である井出に、エマは突然「女性の死体を見た」と告げる。日頃から幻覚に悩まされているエマが“目撃した”という凄惨な殺人事件の謎に、由利と三津木が挑む。

 京都での撮影に尾上は「子役の頃から撮影所にお世話になっているので、嵐電(京福電気鉄道嵐山本線・北野線)に乗って撮影所に行くのも懐かしいですし、また帰ってこられたんだなとうれしくもあり、幸せな時間でした」と京都での撮影を喜んだ。

 また、主演の吉川とは初共演だが「初めてお会いした時、あまりのダンディーさに見ほれてしまいました。日本人離れしたスタイルと細かい気遣いと、大人の色気を勉強させていただきました」とその魅力に圧倒された様子。作品の見どころについては「僕は志尊くんと同級生という設定の役なんです。優しい目で見守っていただけたらなと思います」とアピールしている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.