News ニュース

「家政夫のミタゾノ」巨大トラックが出発! 安全を祈願してテープカット2022/04/20

 テレビ朝日系で4月22日にスタートする連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(金曜午後11:15。一部地域で放送時間が異なる)の第1話放送を前に、「『家政夫のミタゾノ』トラック」出発イベントが六本木・テレビ朝日本社前で開催され、主演の松岡昌宏扮(ふん)する三田園薫が登場した。

 同作は、松岡演じる女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称・ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“のぞき見”ヒューマンドラマ。2016年10月に第1シリーズが放送されると、以降、18年4月に第2シリーズ、19年4月に第3シリーズ、そして2020年4月に第4シリーズと続いている人気シリーズ。

 自身が大きく描かれた巨大トラックが停められた会場に、やって来た三田園は、開口一番「お足元も大して悪くない中、お集まりいただき、痛み入ります」とあいさつすると、詰めかけた報道陣や、幸運にも通りがかった通行人からは大きな拍手が巻き起こった。

 その後、トラックの安全走行を願うテープカットが行われ、記念撮影が始まると、実は「4tトラックも運転できる」という特技を持つ三田園は、助手席に乗り込んで撮影を行うなど、ここでもサービスカットを量産。トラックを眺めてご満悦な様子を見せた。

 イベントの最後には、「いよいよ第5シリーズが始まります。スペシャルゲストの方々も出てくださっていますし、山本舞香というすごい女優も加わって、この“『ミタゾノ』ワールド”をかき乱してくれています。ぜひ皆さま、チェックしてください」と、見どころもアピールしつつ締めくくった。

 なお、巨大「家政夫のミタゾノ」トラックは、4月22日まで都内を走行予定だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.