News ニュース

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開2022/04/19

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開

 ディーン・フジオカが主演を務め、日本テレビ系で4月23日にスタートする連続ドラマ「パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~」(土曜午後10:00)の、第1話の場面写真が公開された。

 ドラマの原作は、中村啓氏の「SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦」(光文社文庫)。最愛の妻を亡くした警察官僚・小比類巻(ディーン)と、科学界を離れた天才科学者・最上友紀子(岸井ゆきの)が、最先端科学にまつわる事件の捜査を担当し、科学犯罪対策室に託された法整備や警察機構の対応が追いついていない“不思議で不可解な事件”を、科学捜査ではなく、事件の裏に隠された科学そのものを捜査によって解き明かしていく。本作は、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマとして、4月の地上波放送はSeason1・全10話で完結。その後、HuluオリジナルのSeason2・全6話が独占配信される。

 「AIロボットによる殺人事件」をテーマにした第1話では、ロボット開発事業を手掛ける「神楽テクノロジー」社内で、CEOが何者かによって殺害される。そんな中「私が殺しました」と告白したのはなんと、最新鋭のAIを搭載した介護用ロボットLEO(レオ)だった。事件解決のため、小比類巻とベテラン刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)は、若き天才科学者・最上に捜査協力を依頼する。

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開

 このほど公開された場面写真は、そんな3人の出会いのシーン。なぜかフリースにジャージという科学者らしからぬ格好の最上がいるのは、生活感のあるログハウス風の山小屋だ。その前に立つのは、きっちりと黒のトレンチコートを着た小比類巻、奥には驚いた顔の長谷部の姿も。一体どんな場面なのか? 最上はここで何をしているのか。

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開

 そして、情熱を持って事件の解決に邁進する小比類巻が、“科学の光”を信じるモチベーションの一つに、妻の存在がある。病気で亡くなった最愛の妻に娘を抱かせてあげたかった、遺された娘を母親に会わせてあげたい…そんな思いを抱える小比類巻が、抱えている妻に関する大きな秘密が明らかになった。

 解禁された場面写真には、亡くなったはずの妻・亜美(本仮屋ユイカ)の凍結された姿。なぜ妻・亜美の体は凍結されているのか、その裏にある小比類巻の意図とは。第1話でその全貌が明らかになるのか注目だ。

「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開
「パンドラの果実」ディーン・フジオカ×岸井ゆきの×ユースケ・サンタマリアの出会いのシーンが公開


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.