News ニュース

松本潤主演「どうする家康」に大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、山田孝之、広瀬アリスらの出演が決定!2022/04/15

松本潤主演「どうする家康」に大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、山田孝之、広瀬アリスらの出演が決定!

 松本潤が主演を務める、2023年に放送のNHK大河ドラマ第62作「どうする家康」(日時未定)。その新たな出演者として、大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、板垣李光人、音尾琢真、広瀬アリス、山田孝之、松重豊の8人が発表され、松本とともに記者会見に登壇した。

 ドラマの脚本は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)、「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」シリーズ(ともにフジテレビ系)などで知られる古沢良太氏が担当。誰もが知る歴史上の有名人である徳川家康の生涯を、新たな視点で描いた波瀾(はらん)万丈のエンターテインメント時代劇だ。

 今回発表された出演者は、家康と共に“どうする?”と考え、困難を乗り越える“チーム家康”のメンバー。家臣団のリーダー・酒井忠次役を大森、武闘派の最強サムライ・本多忠勝役を山田裕貴、家臣団のクールな貴公子・榊原康政役を杉野、美少年・井伊直政役を板垣、徳川一筋の忠義者・鳥居元忠役を音尾、激動期の家康を支えた2代将軍・秀忠の母である於愛の方役を広瀬、忍者ではないが忍者の代表・服部半蔵/正成役を山田孝之、古参の家臣で家康が最も信頼する交渉人・石川数正役を松重が演じる。

松本潤主演「どうする家康」に大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、山田孝之、広瀬アリスらの出演が決定!

 発表を前に松本は「『どうする家康』を作っていくにあたり、“戦国オールスターズ”といいますか、たくさんの武将の方が出てくる作品になると思うんですが、それと同時に、“チーム家康”がどんな人たちで、どう描かれるかというところがポイントとなる作品だと思っているので、その方たちをご紹介させていただけるということで、私自身、興奮しています。いよいよ始まるなという感じですね。本当に個性豊かな皆さんがそろっています」とあいさつ。

 大河ドラマ初出演となる杉野は「時代劇は難しいことが多いなって、所作や自分が普段慣れないことをどんなふうに芝居していけばいいのかなって結構悩んだんですけど、一周回った時に企画書を読ませていただいて、すごくワクワクするなって思ったんですよね。最初に松本さんの顔が“どーん”ってあって、キラキラしていて、参加できることがうれしいなと思ったんです」と初々しさたっぷりにコメント。そんな杉野に対し、松本は「杉野くんにキラキラしていると言われるとは思わなかったけど、杉野くんはプリンス役なので、よりキラキラしていただきたいと、期待しているよ!」と声をかけると、杉野は「はい、頑張ります!」と元気よく応じた。

 同じく大河ドラマ初出演の広瀬は「憧れていた大河ドラマへの出演が決まってうれしいです。時代劇はあまりやったことがなくて、顔が濃いので時代劇とはご縁がないと思っていたのですが、自分に合った役なのかなと思って、今から楽しみです。松本さんと一緒のシーンが多いので、頼りきりたいと思います」と話すと、松本は「そんなそんな。楽しくやりましょうよ!」と余裕を見せた。

 また、松本とは長年の友人だという山田孝之が、今回の共演について「うれしいですね。僕らは1983年生まれの同い年で、デビューも同じ99年。やっとお芝居でも共演できるのでうれしいんですけど、たぶん、彼の方がうれしいと思いますよ」と松本に振ると、松本は「そうですね。僕の方がきっとうれしいと思います」とうなずき、「共演できると知った時、本当にうれしくて『ありがとう』って連絡しました。普段からプライベートでも一緒にいるからこそ、もらえる刺激があると思うんですよね。なので、すごく気合を入れて、現場をかき回してくると思うので、それを楽しみながらできたらなと思っています」と熱くコメント。そんな松本の思いに対し、山田は一言「頑張ります」とクールに対応した。

 そして、松本は、大森と音尾から「食事係」に指名されたことを報告し、「長丁場になりますので、僕はもう皆さんにどれだけおいしいものをプレゼントできるかってことを考えて、そのためにやっていこうと思います。私のギャラはすべてそこにいきます!」と宣言。すでに、友人の店に声がけをしていることを明かすと、共演者たちは「ごちそうさまです!」と声を上げ、松本は「胃袋をつかむと、チーム感を作りやすいのかなっていうところがありますから」と笑いつつ、「食は大切なので、みんなが楽しく過ごせるように、スタッフさんも含めて、お世話していける部分はやっていきたいと思います」と座長としての頼もしさ満点の発言。

 続いて、リクエストしたいメニューを聞かれた、“チーム家康”のメンバーは、松重が「これどんな会見なんだよ!」と苦笑しつつ、「俺はカレーかな」と要望を伝える。さらに、山田孝之は「僕は好き嫌いなく何でも食べるんですが、お肉は週1回ぐらいにして、野菜や魚とバランスよく…」、杉野も「愛情のこもった野菜」、山田裕貴も「野菜やキノコとか…お魚はマグロがいいですね」と健康的なメニューを挙げる中、「揚げ物が食べたい」という広瀬に、松本は「意外! 何の揚げ物? 天ぷらとか?」と質問すると、広瀬は「揚げ物なら何でもいいですけど、天ぷらいいですね! あとは麺類もお米も好きです」と欲張りなリクエスト。さらに、北海道出身の音尾が「ジンギスカン鍋でのジンギスカンをケータリングでお願いします」と具体的に言うと、松本は「そんなケータリング見たことないでしょ」とツッコミつつ、「松本潤ならできるでしょ!」という音尾の言葉に、少し考えた後、「あっ! あります」と返答し、「さすが、殿!」と持ち上げられていた。

 家康への役作りに関して、松本は「やっぱり家康という人物は“タヌキ親父”と言われているイメージが僕自身にもあったんですね。ある種の一面としてそういう面はもちろんあるとは思うんですが、そこだけではなく、時代に翻弄(ほんろう)されたところから始まる、か弱きプリンスが仲間たちの力を借りて、いかに戦国時代を生き延びて、そして、江戸という大きな時代を作っていくのかっていうところをしっかり描けたらと思っています」と語り、「ですので、今日一緒にいらっしゃる皆さんとどのようなチームを作っていって、そこの関係性が、ある種、今の時代にも通ずるというか。その時代にあったことが、現代の人たち、視聴者の方がご覧になった時に、何か通じるところがあるとか。『こんなチームが自分たちの近くに作れたらいいね』『こんなチームがほしいね』と思ってもらえるような、そんなチーム作りをできたらなと思っています」とあらためて作品への意欲を口にした。

松本潤主演「どうする家康」に大森南朋、山田裕貴、杉野遥亮、山田孝之、広瀬アリスらの出演が決定!

 また、会見では、“チーム家康”のメンバーとして、小手伸也、岡部大(ハナコ)、イッセー尾形の出演も発表。色男を自称するみんなの兄貴分・大久保忠世役を小手、いつも笑顔で苦しい時に頼りになる平岩親吉役を岡部、倹約家で松平家再興を支えた長老・鳥居忠吉役を尾形が演じる。


この記事をシェアする


ドラマガイド(最新シーズン)Drama Guide Season

【2024年夏】TVドラマガイド

2024年夏クール(7月・8月・9月)にスタートする連続ドラマを曜日別に一覧でまとめて大特集!<br />
目黒蓮の月9「海のはじまり」、山田涼介「ビリオン×スクール」、高橋文哉「伝説の頭 翔」、飯沼愛×八木勇征「南くんが恋人!?」など注目作のほか、深夜ドラマやBS放送の新ドラマを含め、出演者、主題歌、あらすじ、記者会見リポートなど、最新情報満載で随時更新☆

2024年夏クール(7月・8月・9月)にスタートする連続ドラマを曜日別に一覧でまとめて大特集!
目黒蓮の月9「海のはじまり」、山田涼介「ビリオン×スクール」、高橋文哉「伝説の頭 翔」、飯沼愛×八木勇征「南くんが恋人!?」など注目作のほか、深夜ドラマやBS放送の新ドラマを含め、出演者、主題歌、あらすじ、記者会見リポートなど、最新情報満載で随時更新☆

【2024年春】TVドラマガイド

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。<br />
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

2024年4月・5月・6月にスタートする春ドラマの出演者、主題歌、見どころ、会見情報を、深夜ドラマやBSで放送されるドラマも含め、曜日ごとに一覧でお届け。
連続テレビ小説「虎に翼」、石原さとみ×亀梨和也「Destiny」、山下智久主演「ブルーモーメント」、赤楚衛二×錦戸亮「Re:リベンジ-欲望の果てに-」、永瀬廉主演「東京タワー」、長谷川博己主演「アンチヒーロー」etc. 連続ドラマの情報をまとめてチェック!

Copyright © TV Guide. All rights reserved.