News ニュース

BS-TBSの「Style2030 賢者が映す未来」が民放番組として初めて「アルバート認証」を取得2022/04/13

 BS-TBSで放送中の番組「Style2030 賢者が映す未来」(第3日曜午前10:00)の3月20日放送回が、イギリスの団体「アルバート」(https://wearealbert.org/)がCO2排出削減などの面で、“Sustainable Production”=サステナブルな作品と認めた番組に与える「アルバート認証」の二つ星を取得した。認証の取得は日本の民放の番組としては初めてとなる。

 同番組は、2021年5月から月1回放送している、SDGsをテーマにしたトーク番組。ジャーナリストの龍崎孝氏がホストを務め、毎回ゲストとの対話を通じて、SDGsの目標達成期限である2030年にわれわれの社会や暮らしはどうあるべきかを考え、新しい生き方のヒントを探る。

 「アルバート認証」とは、イギリスのBBCが立ち上げた業界コンソーシアム「アルバート」が管理運営する認証制度。番組制作の過程で出るCO2やゴミの量を数値化し、削減への貢献度から3段階の認証を与える。CO2排出量(Carbon Footprint)は、移動手段や距離、各作業場所での消費電力量、ゴミの量などを「アルバート」のシステムを使用して算出。削減への貢献度(Carbon Action Plan)は、スタッフや業者との目標の共有、取り組みの実施、領収書などの証憑書類などから判断される。制度は2014年にスタートし、これまでに世界で約2500作品が認証を取得している。なお、BBCは、今年1月から発注するすべてのテレビ番組で、アルバート認証の取得を義務付けている。

 龍崎氏は「サステナブルに暮らすってどうすればいいのだろう。私がたどり着いたのは丁寧に暮らすということです。毎日、部屋を整理整頓する。ゆっくりと駅に向かって歩く。時にはお弁当を自分で作ってみる。自然を意識し、体のリズムに則った暮らし方を実行してみたらサステナブルって気付きました。番組の取り組みも特別なことではありません。当たり前のことをみんなで丁寧にやってみたら◎。当たり前なのにうれしい、それがSDGs」とコメント。

 出演するTBSの皆川玲奈アナウンサーも「日頃、自宅や仕事場で実践していることを、収録の場でみんなで共有して行うと、SDGsの意識が生活に根づいていると感じます。これからの暮らしやすさを考えた時に、私は何をしていくか。まずは便利な時代に生きていることに感謝。これまでの価値観をひっくり返す勇気、時間や手間がかかるものを取り入れる余裕を持ち、見栄えがいいものが本当によいものなのか、本質を見極めていきたいです」と語っている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.