News ニュース

「警視庁・捜査一課長」謎の大型新人は子猫の豆太郎。内藤剛志が絶賛!「イケメンで、すごくいい顔をしている」2022/03/29

 テレビ朝日系で4月14日からスタートする、内藤剛志が主演を務める連続ドラマ「警視庁・捜査一課長season6」(木曜午後8:00)で加入が予告されていた、“謎の大型新人”の正体が明らかとなった。

 ドラマは、警視庁の花形部署・捜査一課で400人以上の精鋭刑事を統率するまではい上がった、ノンキャリアのたたき上げ刑事・大岩純一(内藤)が、都内で発生する数々の凶悪事件に立ち向かい、信頼する部下たちと共に解決していく刑事ドラマ。2012年7月に「土曜ワイド劇場」の1作として誕生し、16年4月クールの「木曜ミステリー」枠で連続ドラマ化され、その後も進化を続け、SNSでも大きな注目を集める人気シリーズとなっている。10周年を迎える今作は、第一報の時点で謎の大型新人の加入が予告されており、内藤も「『10周年にこう来るか!』と、そのキャスティングに驚きました」とコメントしていた。

 そして、今回、ついに明らかになったその大型新人の正体は、子猫の豆太郎。名前に“豆”とあるように、大岩の愛猫・ビビを演じるスコティッシュフォールドの黒豆と同じ事務所の後輩で、なんと生後7カ月で鮮烈なドラマデビューを飾ることになった。大岩の前に現れる子猫として登場するも、まだその役名やキャラクター設定は謎に包まれている。

 豆太郎の印象について、内藤は「イケメンで、すごくいい顔をしている。とても品がある」と大絶賛。さらに、「大型新人とは、まさに彼のことじゃないでしょうか! 初めてのポスター撮影でも落ち着いていて大物感が漂っていましたね。一応、僕の方が業界の先輩なので、撮影前に彼があいさつに来てくれましたが、いきなり僕に顔を近づけてなれなれしいぐらいでした(笑)」と、新人離れした存在感に、頼もしさを感じていることを明かしている。

 また、「大岩はたびたびビビから事件解決につながるヒントをもらってきましたが、それは大岩がビビの行動から勝手に“気付き”を得ているだけ。豆太郎にはヒントはともかくとして、さらに面白い展開を生み出すような新しい役割として参加してもらいたいですね」とし、「10周年だからこそ、こんな斬新なキャスティングがあっていいと思いますし、10周年だからこそ、思い切った発想で仕掛けていくことも大切なのではないでしょうか。すごく“いい人”…じゃなかった(笑)、“いいヤツ”が加わってくれたなと感じています」と期待のコメントを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.