News ニュース

相葉雅紀主演「僕とシッポと神楽坂」の撮影現場を原作者・たらさわみちが訪問。実は不思議な縁が…!?2018/09/20

 相葉雅紀が初の獣医師役に挑む、10月12日スタートのテレビ朝日系連続ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(金曜午後11:15)の撮影現場を原作者のたらさわみち氏が訪問し、相葉をはじめ、連日撮影に励むキャスト陣を激励した。同ドラマは、東京・神楽坂を舞台に、「坂の上動物病院」を営むコオ先生と呼ばれる主人公の高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描くハートフルな物語だ。

 たらさわ氏は、相葉の自然体で演技をする姿や動物たちとたわむれる姿を見て、いたく感動した様子。ドラマのレギュラーキャストである看板犬のダイキチと地域猫のオギと共に、コオ先生に扮(ふん)した相葉のイラストを描いて直接手渡すと、相葉は満面の笑みでその絵を受け取った。たらさわ氏は、細部まで作りこまれた動物病院のセットも視察。美術スタッフが趣向を凝らした、セット内にちりばめられた動物のモチーフなども、楽しそうに眺めていた。

 たらさわ氏は「ドラマ化が決まったことを最初に聞いた時は、すごくびっくりしました。そして配役を聞いてさらにびっくり! コオ先生を相葉さんが演じてくださることに、とても感激しました。動物と関わるお仕事もたくさんされていて、こんなにコオ先生にぴったりの方がいたんだと。実際にお会いした相葉さんは本当に自然体で、温かい方。昔飼っていた動物の話や、原作のダイキチのお話などをしました(笑)」と適役の相葉を絶賛した。

 加瀬トキワ役の広末涼子についても「広末さんがトキワさんを演じてくださるのもとてもうれしくて。広末さんが原作のトキワさんに寄せて髪をショートカットにしてくださったのも、本当に感激しました。息子・大地役の矢村央希くんとも息がピッタリで、まるで本当の親子のようでした」と喜ぶ。また、大ファンだという徳丸善次郎先生役のイッセー尾形を見て、「徳丸先生役のイッセーさんがとてもいい味を出してくださっているのですが、原作でももっとハンサムに描いておけばよかったと思いました(笑)」と思わず本音をこぼした。そして、「ドラマでは原作とまた違った世界観が出るところもあると思うので、そこを楽しんでいただけたらと思います」とアピール。

 相葉は「今回、たらさわ先生にコオ先生とダイキチ&オギの似顔絵を描いていただいたのですが、さすが本当にお上手で…! 他にも先生とはいろいろお話させていただきました。ほとんどが雑談のようなものだったのですが、実は僕が最初に出させてもらった映画『新宿少年探偵団』(1998年)は、先生のお友達が書かれた作品だったそうなんです。先生同士がお話された時に『20年越しにまた相葉くんでつながるんだね』っていう話をされたばかりで、『縁を感じる』とおっしゃってくださいました」と明かしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.