News ニュース

ハナコ・岡部大が「しろめし修行僧」でドラマ初主演。 「この枠で飯を食うといえば、目標は井之頭五郎さん」2022/02/24

 ハナコの岡部大が、テレビ東京系で4月8日にスタートするドラマ24「しろめし修行僧」(金曜深夜0:12)で主演を務める。ドラマ初主演となる岡部が演じるのは、ほぼニートの寺の息子・米田たくあん。托鉢(たくはつ)の全国行脚修行を通して、たくあんが各地の“ご飯のお供”と出合う様子を描き、「しろめしに合う最高のおかずとは何か」という究極の問いに迫るグルメドラマだ。

 岡部は「まさか僕がドラマの主演をやらせていただける日が来るなんて…めちゃくちゃびっくりしました」と驚きつつも、「どんなドラマか聞いたら、これはもう僕が演じるしかない! 自分で言うのもなんですけどピッタリな役だなと思いました」と、芸人として全力の食レポ芸でつちかった自信をアピール。

 また、「ドラマ24の枠は、深夜、受験勉強の合間にみていたくらい、昔からずっと大好きな枠。まさかそこで自分が主演できるとはっていう気持ちもありますが、やっぱりこの枠で飯を食うといえば、目標は井之頭五郎さん。大先輩のように、皆さんのおなかをすかせることができるよう頑張りたいと思います」と、9シーズンにもわたり続く大人気ドラマ「孤独のグルメ」で松重豊が演じる主人公の名前を挙げ、意気込む。

 さらに、「僕が演じる米田たくあんは、不器用で、世の中ちょっとなめてるところはあるんですけど、でも困っている人のためにすごく一生懸命頑張る。そこが愛すべきというか、どうしても憎めないすごくすてきな役柄だと思うので、皆さんに愛されるように僕も頑張って演じたいです。あと、こんなに食べるんだってくらい毎回食べるシーンが多くて。てっきり一話一品みたいな感じかと思ったら、一話で白飯に何品ものせていく大盤振る舞い、僕も楽しみです。究極のグルメドラマを目指して、ハナコ岡部がとにかく食べて食べて食べまくる。深夜ですけど、ご飯を炊いて見ていただければと思います!」とアピール。

 そして、「僕、ご飯のお供が大好きで、ハナコのラジオでリスナーさんにご飯のお供を紹介してもらうコーナーをつくったんです」と明かし、「今ハマっているのは、鮭キムチ。めちゃくちゃおいしいですね。あと、(出身地の)秋田だと、ぎばさですかね。粘り気がめちゃくちゃ強い海藻なんですけど、すごくおいしいです!」とうれしそうに語っている。

 金曜深夜に食欲をそそること間違いなしの新たなグルメドラマであるとともに、人のよいたくあんの善行にほっこりする人間ドラマも見どころの一つ。修行で訪れる先々で出会うマドンナとの淡い恋模様や、幼なじみとの固い友情物語にも注目だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.