News ニュース

M-1王者・錦鯉の渡辺隆が「人志松本のすべらない話」に初出場2022/01/21

 「M-1グランプリ2021」の王者・錦鯉の渡辺隆が、フジテレビ系で1月29日放送の土曜プレミアム「人志松本のすべらない話」(午後9:00)に初出演する。

 番組では、「人は誰でも一つはすべらない話を持っており、そしてそれは誰が何度聞いても面白いものである」をコンセプトに、松本人志をはじめ誰もが認める実力派芸人たちが、見るものを引き込んでやまない“すべらない”トークを展開。今回はコロナ感染再拡大に配慮し、新しい試みとして前・後半の2部制での開催となる。

 前半に出場するのは、川島明(麒麟)、劇団ひとり、せいや(霜降り明星)、粗品(霜降り明星)、兵動大樹(矢野・兵動)。後半には、小籔千豊、澤部佑(ハライチ)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、森田哲矢(さらば青春の光)、渡辺が登場する。なお、松本、千原ジュニア、宮川大輔の3人は前・後半ともに参戦。また、サイコロで★マークが出た際に登場するニューフェイス芸人として野村尚平(令和喜多みな実)、空道太郎(ラフ次元)も出場する。出場者の中で番組初出場となるのは、澤部、田村、森田、渡辺、野村、空の6人。

 出演オファーを受け、渡辺は「まずビビリましたし、何かの間違いだと思いました。“なんとかの話”のような番組でロケに行くのかなと思い込んでいたんですが、ちゃんと『すべらない話』で驚きました」と明かし、少しでも考えると緊張してしまうので、なるべく『すべらない話』のことを考えないように生きてきました」と話す。

 そして、収録を終え、「先日の『M-1グランプリ』を含め、これまでの人生の中で一番緊張しました。今回は相方がいなくて1人だったことも大きかったです。1人でテレビに出ることはほとんどないですし、最高峰の芸人の方々に囲まれて座っているだけで、皆さんのオーラに削られました」と緊張しきりだ。

 印象に残ったプレーヤーについては「憧れの松本人志さんのお話を至近距離で聞かせていただけたので、たぶん今日は眠れないです。あとは隣りに座らせていただいたジュニアさんですね。こんなにしゃべりがうまい人がいるのかと。淡々としゃべられるのに、話の情景が全部浮かんでくるので、本当のスペシャリストだなと、あらためて感じました」と感激。

 最後に「とにかく覚悟を決めて収録に臨みました。あまり緊張していないように見られがちなんですが、緊張していたからこそ出ている所作がたくさんありますので、それを見つけてください(笑)」とメッセージを寄せた。

 なお、今回の放送を記念し、昨年9月に開催されたオンラインイベント「ジュニア千原と大輔宮川と千豊小籔のすべらない話THE LIVE2021」の再配信が決定。同イベントには、千原、宮川、小籔がMCとして出演し、プレーヤーとしてケンドーコバヤシ、川島、山内健司(かまいたち)、せいや、サーヤ(ラランド)、招待プレーヤーとして人気クリエーターのカルマ、ナジャ・グランディーバ、村西とおるが出演した。チケット販売は2月5日午後7:00までで、同日午後11:59まで視聴可能。FOD(https://fod.fujitv.co.jp/ppv/8237)もしくは、FANY Online Ticket(https://online-ticket.yoshimoto.co.jp/products/suberanai-thelive2021-0121)で販売中。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.