News ニュース

「おかべろ」で吉本印天然素材が同窓会! 大阪から生放送2022/01/14

 関西テレビでは1月15日に「おかべろ生放送 トミーズ&千鳥&天然素材 ぶっちゃけ大新年会SP」(午後2:28、関西ローカル)を、2時間の生放送でおくる。

 「おかべろ」(土曜午後2:28)は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連のナインティナイン・岡村隆史と店主 のNON STYLE・石田明 、そしてアシスタントの橋本和花子アナウンサーが、有名人から“ここだけ”の話を引き出すトークバラエティー。

 今回のスペシャルでは、今やテレビで見ない日はないほど全国区で大人気の千鳥が、“大阪の父ちゃん”と慕うトミーズと来店。無名時代から今なお途切れない2組の知られざる“熱い絆”を深堀りしていくほか、1990年代に一世を風靡(ふうび)した「吉本印天然素材」のメンバーが集結する。当時の思い出や最近のあれこれまで、ぶっちゃけトークがさく裂。また、間寛平&村上ショージが「吉本印天然素材」の思い出スポットをリポートする。

 恒例となっている年に一度の大阪からの生放送に、MCを務める岡村は「すごく緊張感があって、毎年楽しくやらせてもらっている」と期待。前半企画のトミーズと千鳥の師弟愛を深掘りする、「トミーズ父ちゃんありがとう!千鳥の“感謝の会”」については、「千鳥はトミーズさんの番組で鍛えられて、東京に出てきてっていうことはよく耳にしていました。みんなやっぱりトミーズさんに憧れて、最終的には『トミーズさんみたいな生き方をしたい』みたいなことを言う人もいるし、千鳥もそんなことを言っていましたね」と2組の絆を振り返る。

 後半企画「解散から20年以上…!“伝説のグループ”吉本印天然素材 大同窓会!」では、90年代に吉本興業所属の若手芸人である雨上がり決死隊、バッファロー吾郎、FUJIWARA、ナインティナイン、チュパチャプス、へびいちごの6組で結成し、ダンスとお笑いを融合し、“天素”の愛称でアイドル的人気を博した、吉本印天然素材の面々が集う。

 久々の“天素”メンバー集結に、岡村は「もうね、しゃべれないこともありますしね。本当はね、いろいろしゃべりたかったりもするんですけど。ただ会えるだけで。ほんまにこういう機会でもなければ、今同窓会も開けないし。星田(英利)とも全然会ってないし、(バッファロー吾郎の)竹若(元博)さんもなかなか会えていなかったので会えるだけで」ととてもうれしそうだ。

 さらに、「ほんまはね、踊りたいとかも思ったりしますけど、もうたぶん踊られへんやろし、ホトちゃん(蛍原徹)が『いやや』って言うんで(笑)。事実上、リーダーがホトちゃんなんですけど、ホトちゃんはダンス完全にイヤ派なんで(笑)」と“天素”のダンスが見られる可能性に言及。続けて、「音楽流れて踊りだすのは、僕と(宮川)大輔と竹若さんくらいかなって気もします(笑)。たぶんホトちゃんはジーっとしてる(笑)。あ! フジモン(FUJIWARA・藤本敏史)も踊るやろうけど。フジモンだけ踊らせてあげたらいいんじゃないですかね(笑)。フジモンに『最後踊ってや~!』って言ったら、たぶん踊ってくれると思います」と流れのイメージを膨らませている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.